戦略・会計・人事系コンサルティングの最近の動向

すべて表示

2019年05月27日

戦略・会計・人事系コンサルティングの最近の動向

コンサルティング業界では、企業のグローバル化、業界再編、働き方改革、新たな事業モデルの構築などといった課題に対応するため、また生産性を向上させるためのデジタル技術の活用といった分野を軸に、企業経営をサポートできるコンサルタントニーズが高まっている。

多くのコンサルティング会社は非公開企業のため、直近の業績について把握は難しいが、上記の事業環境から業容は拡大基調にあると思われる。

ベイカレント・コンサルティングは、コンサルティングファームとしては珍しい上場企業である。良好な事業環境を受けて、2018年3-8月期の営業収益は前年同期比で13%増加した。

戦略コンサルティングファームとして最上位に位置するマッキンゼー・アンド・カンパニーは18年3月、大阪市内に「マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社 関西オフィス」を開設した。

戦略・会計・人事系コンサルティング


株式会社FISCO

1995年に設立、2006年上場。金融情報配信会社として、株式、為替、債券、仮想通貨といった金融情報を幅広く取り扱う。各投資市場に対する深い理解と洞察に基づき、初心者からプロまで、投資家を支援する各種金融サービスを提供している。 全国の金融機関約250社向けに金融情報を提供しているほか、個人向けではヤフーファイナンス、LINEニュース、SmartNews、Gunosyなど、国内の主要なサイトやアプリに金融・経済系コンテンツを提供している。

総合系業界レポート

一覧を見る