海外展開で持続的な成長を図る高炉メーカー

2019年10月10日

化学・繊維・素材メーカートップ画像.jpg

鉄鋼メーカーは世界のメガトレンドに対応した動きで成長を図る

日本国内の人口は既に減少を始めており、鉄鋼需要は、長期的に減少していくことが予想される。
一方、海外では新興国の建設・インフラ関連が鉄鋼需要をけん引し、市場は拡大していくことが見込まれるが、需要を生み出す新興国では鉄鋼製品を輸入するよりも自国内生産を志向する向きもある。
また鉄鋼需要を取り巻くメガトレンドとしては高度ITの急速な進歩、自動車メーカーの車体軽量化や高強度化ニーズの高まりもあげられる。

日本製鉄(2019年4月1日に新日鉄住金が社名変更)やJFEホールディングスなどの高炉メーカーはこれらのメガトレンドに対応した動きで世界の鉄鋼ニーズを取込み、持続的な成長を図っている。

日本製鉄 海の画像

日本製鉄の将来に向けた5つの取り組み


日本製鉄では将来に向けた主要な取り組みとして次の5つを挙げている。

1.社会・産業の変化に対応した、素材とソリューションの提供
2.グローバル事業展開の、強化拡大
3.国内マザーミルの「つくる力」の継続強化
4.鉄鋼プロセスへの高度ITの実装
5.持続可能な社会の実現への貢献

素材に求められる特性は、自動車分野での軽量化・電動化への対応、電子材料分野での軽・薄・短・少化と信頼性向上など、多様化・高度化している。
これに対して同社では、鉄を極め、顧客ニーズの変化に対応した素材開発と、利用加工技術等のソリューション提供を拡大している。
例えば、自動車用ハイテン鋼板、高耐食シームレス鋼管等の、高級鋼分野での安定供給や機能向上を図っている。
特に自動車分野では軽量化・高強度化・EV化・電装化の拡大などで顧客にニーズが大きく変化してきており、同社は鉄の可能性を極め、利用加工技術と組み合わせ、更に非鉄素材分野で有する技術・商品との有機的な連携により、マルチマテリアル化等を進め、ニーズの変化に対応している。

グローバル事業展開の強化・拡大については、同社はこれまで競合他社に先駆けて、下工程を担う工場の海外展開を進めてきた。
自動車向け、資源エネルギー向け、インフラ向けを軸にこれまでに年間2,100万トンの供給体制を構築してきた。

これらの海外下工程担当工場は国内製鉄所から半製品の供給を受け、同社が得意とし、海外競合に対し差別化の源泉となっている高級鋼の生産を行っている。
日本国内と同品質の鋼材をグローバルに提供し、合弁パートナーである、各地域でトップレベルの鉄鋼メーカーから半製品供給を受け、現地の需要に対応している。

今後、世界の鉄鋼需要はインフラ建設需要の旺盛なASEAN、インド等を軸に拡大する可能性が高いが、これらの国では自国内での鉄鋼生産を好む傾向にもあり、同社ではこれまでの国内製鉄所と海外下工程工場の分業モデルにとらわれず需要地域において、鉄源から製品までの一貫生産拠点をグループ内に取り込むことも進めている。
18年度から20年度に約6,000億円の事業投資を計画しており、18年にはインドのエッサール・スチール社を買収した。

エッサール・スチール社は、インド西部臨海地に銑鋼一貫製鉄所を有して薄板・厚板・鋼管を製造する、インド第4位の鉄鋼メーカーであるが、17年に「倒産・破産法」適用を受け再建手続きが開始されており、日本製鉄はインド鉄鋼業界における知見を備え、多くの鉄鋼会社の買収・再建実績を持つアルセロール・ミッタル社と共同で同社を買収した。

国内マザーミル(製鉄所)の「つくる力」の継続強化については、高炉、コークス炉等の設備リフレッシュや、新鋭設備の導入、さらにはIT活用・自動化・無人化を進め、世界最高水準のコスト競争力を持続できるよう取り組んでいる。

鉄鋼プロセスへの高度IT実装では、人工知能、IoT(モノのインターネット化)、ビッグデータを積極的に活用し、安全かつ競争力のある製造現場、安定生産、品質の向上、業務の高度化等の実現に取り組んでいる。
また国内外の製造拠点の業務プロセスと業務システムの連動を強化し、これに各種業務への高度ITの適用を組み合わせることで、一体的かつ効率的な業務の遂行を実現している。



株式会社FISCO

1995年に設立、2006年上場。金融情報配信会社として、株式、為替、債券、仮想通貨といった金融情報を幅広く取り扱う。各投資市場に対する深い理解と洞察に基づき、初心者からプロまで、投資家を支援する各種金融サービスを提供している。 全国の金融機関約250社向けに金融情報を提供しているほか、個人向けではヤフーファイナンス、LINEニュース、SmartNews、Gunosyなど、国内の主要なサイトやアプリに金融・経済系コンテンツを提供している。

化学・繊維業界レポート

一覧を見る