世界的な貿易戦争に影響を受ける分野も多い

2019年04月03日

機械業界は各分野で先行き懸念が強まる

主要機械各社の営業利益推移

主要機械メーカー9社(SMC6273、小松製作所6301、日立建機6305、クボタ6326、ダイキン6367、ホシザキ6465、マキタ6586、ファナック6954、三菱重工業7011)合計の2018年3月期営業利益は、4四半期を通して2ケタ増益を維持した。
企業の設備投資意欲が旺盛な中、FA(工場自動化)機器や工作機械などを中心に機械需要が拡大した。
とりわけ、先進国や中国における自動化の進展がFA(工場自動化)機器需要を押し上げた。
また、中国など新興国でのインフラ投資需要の回復、資源価格の上昇などが建設機械需要の拡大を支援した。

17年度は1年を通して活況を呈した機械業界だが、足元では底堅い状況が継続しているといえ、各分野において先行きにやや懸念も生じている。
企業の設備投資動向を示す代表的な指標の1つである工作機械受注は、足元の6月も過去4番目の高水準とはいえ、伸び率が明らかにピークアウトしている。
特に、受注をけん引してきた輸出のスローダウンが大きく、今後も世界的な貿易戦争への懸念が広まれば、設備投資の減速が表面化する可能性が高いと言えるだろう。

工作機械受注の前年同月比推移
(出所)日本工作機械工業会

また、19年3月期第1四半期決算では、FA機器の先行き懸念が急速に高まっている。
安川電機6506は6月に入りAC サーボモーターが、スマートフォン向けに加え、韓国サムスン電子の設備投資延期により半導体関連についても調整が入ってきた。
また、ファナックでは、スマホ向けのみならず、6月からは中国でFA製品の調整が始まったなどと説明しているもよう。今後の急減速の可能性も意識されつつある状況だ。

落ち込みが比較的大きかった建設機械は、現状では回復途上とみられているが、米中貿易戦争が激しさを増し、中国景気の減速が顕在化すれば、早々にピークアウトする公算もある。
中国経済の悪化は新興国のインフラ投資需要を減退させる余地もあるだろう。
ただ、中国が景気の悪化を避けるための下支えとして、再度インフラ投資に傾注していく可能性も残ってはいる。

なお、米国から見ると、機械の輸入に占める中国の比率は非常に高い状況にあり、仮に世界的な貿易戦争が米中間に限定されるのであれば、国内機械メーカーの米国輸出拡大といったポジティブな先行きが見通せることになる。

シリコンサイクルの変化で半導体製造装置業界の好環境は続く

主要半導体製造装置各社の営業利益と増減率推移

半導体製造装置各社も18年3月期は極めて好調な業績を達成した。半導体メーカーの活発な設備投資を映した売上増加が主因。
これまでのサイクルとは違い、半導体の微細化が進展したことにより、一定の設備投資による半導体供給量の増加が限定的となっていること、需要構造がパソコンやスマートフォンからデータセンターなどにシフトしていることなどが挙げられる。

足元では、日中韓メモリメーカーや米インテルなどから製造装置の納入延期要請が出されたり、台湾績体電路製造(TSMC)が設備投資計画を下方修正したりなど、先行き不安も強まりつつあるが、19年3月期の業績見通しに関しても各社は揃って強気な姿勢となっている。
納入延期はあくまで歩留まりの問題であって、シリコンサイクルの変化などを背景に、今後発注が本格化する可能性は高いとみられる。他の製造業と比較しても、半導体製造装置業界は好環境を持続する可能性が高いと言えるだろう。

他の精密機器では、計測機器、医療機器、時計、複写機、カメラなどが挙げられるが、今後も安定した需要の拡大が期待されるのは計測機器だろう。
各国の環境規制関連の需要増などに加え、自動車電装化が進む中で、電気自動車や自動運転車開発に向けた研究開発投資拡大のメリットも大きく受けるものと考えられる。
時計は新興国の高付加価値化製品の消費拡大への流れをいかにつかめるかがポイントとなり、カメラは2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えた国内需要の獲得がカギを握るだろう。
複写機などの事務機器は企業のペーパーレス化が進むなかで、販売伸び悩みの状況が続くとみられる。


株式会社FISCO

1995年に設立、2006年上場。金融情報配信会社として、株式、為替、債券、仮想通貨といった金融情報を幅広く取り扱う。各投資市場に対する深い理解と洞察に基づき、初心者からプロまで、投資家を支援する各種金融サービスを提供している。 全国の金融機関約250社向けに金融情報を提供しているほか、個人向けではヤフーファイナンス、LINEニュース、SmartNews、Gunosyなど、国内の主要なサイトやアプリに金融・経済系コンテンツを提供している。

プラント業界レポート

一覧を見る