Manufacturing | 製造業(メーカー)

プラント

石油業界は、原油の採掘から輸送、精製、販売の流れで成り立っております。この工程から大きく分けて、「石油開発」を行う企業と「石油の元売り」を行う企業に分ける事ができます。日本は、原油を輸入にほとんど頼っており、国内需要の縮小に伴い競争が激化し、業界再編が進んでおります。
主要企業:JXTG/出光興産/昭和シェル石油/コスモ石油など
電力業界は、従来の原子力発電・火力発電・水力発電に加えて、再生可能エネルギーの太陽光発電・風力発電・バイオマス発電・地熱発電が加わり、環境に配慮した発電に力を加えている。また、電力の自由化に伴い、今までの大手電力会社10社に加えて、独立系の発電事業社が急成長している業界となります。ガス業界も、電力の自由化を受けて、大手ガス会社が電力事業へ参入し、顧客獲得に向けて事業を進めております。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)2兆1,441億
  • 業績伸び率11536.37%
  • 収益性13.48%
  • 平均年収 634万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

電力・ガス業界共に、インフラ業界という事もあり、年収の水準も高水準となっております。また、各エリア毎に主要企業があり、地元に貢献したい方や人々の生活を支えたいとお考えの方に人気のある業界となっております。また、国の制度や法律の改正により市場が開かれている業界となりますので、今後さらなる成長が見込める業界となります。
石油業界は業界再編が進んでおり、今後も大手企業の動向が重要になっております。また、原油価格の変動によりグローバルにおいても業界の景気が大きく変わる産業となっております。さらには、各社石油に代わる新しいエネルギー分野の開拓も進めており、再生可能エネルギーにも力を入れております。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 2.9 202 reviews
  • 平均有給取得日数 10.8
  • 平均残業時間 36.0 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    2.8
  • ワークライフバランス
    2.8
  • 女性の働きやすさ
    2.8
  • 企業の成長性・将来性
    2.9
  • 給与・待遇面の満足度
    3.1
  • 経営陣の手腕
    2.6
  • 顧客志向度
    3.3
  • 自己成長環境
    2.8
  • 企業の安定性
    3.0
  • 事業の社会貢献実感
    3.1

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年07月25日

    機械・精密機器メーカーの動向と業界の注目企業「日本電産」

    機械・精密機器メーカーの最近の動向 オークマは、グローバルな総合工作機械メーカー。機械だけでなく制御装置も自社開発する機電情知一体の強みを活かし、独創的な製品、知能化技術の開発等により顧客の生産性向上に貢献している。自律的に最適加工を行うスマートマシンをはじめ、工場全体の生産を最適化したスマートファクトリーの構築まで総合的に提案し、世界最高の「総合ものづくりサービス」企業を目指している。景気減速により中国からの受注は振るわないが、国内外で航空機や自動車関連など取引先を拡大してきた効果が出ている。2020年3月期の営業利益は330億円が見込まれ、12年ぶりに最高益となる見通し。 アマ

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
171億1,431万 185億8,595万 2兆1,441億
前年からの伸び率 % 108.60% 11536.37%
収益性 8.79% 10.19% 13.48%

業界トレンドワード

  • 固定価格買取制度
    再生可能エネルギーにて発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度となります。電力会社が買い取る費用の一部を電気の利用料金に賦課金として、徴収しています。対象となる再生可能エネルギーは、太陽光発電・風力発電・水力発電・地熱発電・バイオマス発電となります。
  • 再生可能エネルギー
    今までエネルギーと言えば、石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料となっておりました。再生可能エネルギーは、太陽光や風力、地熱という元々自然にある資源を活用して生み出すものとなっております。その種類は、太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなどの発電方法があります。

製造業(メーカー)の他業界情報を見る