Finance · Insurance | 金融・保険

銀行

銀行(信金、信組)業界はメガバンクが合計総資産の約半分を占めています。業界再編により誕生した巨大なメガバンクグループに総資産も集中する傾向があり、世界的に見ても大きな影響力を持っています。しかし、近年は日本銀行の金融緩和によって発生した超低金利(マイナス金利)の影響により収益が減少しています。利益の中心である利息から得られる利益が減少していることが大きく影響しています。代わりに有価証券の運用が増加していますが、現状としてはすべての銀行(信金、信組)に事業の多角化が求められています。
また、M&A(海外含)やグループ内の再編、Fintechを通じて業務の効率化を進める傾向が強く、人員削減を宣言した銀行も少なくありません。加えて店舗数も減らす計画も進み、人件費・物件費用を減らしコストカットする傾向です。ただし、人員削減=リストラではなく、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)等を導入し、事務業務を効率化し、今まで事務業務を担っていた人材を配置転換することを想定しています。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)14兆6,566億
  • 業績伸び率146.34%
  • 収益性4.86%
  • 平均年収 700万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

日銀の金融緩和によって、収益構造の変化、人員削減、グループ内再編等、業界として不安に感じる情報が日々更新されています。しかしながら、銀行が変化に対応していく姿勢は求人状況からも確認することができます。求人状況として、事務や営業ではなく専門職(運用、IT、監査、コンプラ、海外等)の人材ニーズが非常に高いです。特にメガ金融機関は即戦力としての中途採用ニーズはここ数年で一番強く感じます。変革期の今こそ銀行に転職するチャンスと捉えることもできます。
銀行出身者の転職希望者が増加傾向にあることは事実です。特に20代の第2新卒層、50代以上のシニア層で登録数が増えています。応募可能な求人は非常に多いですが、銀行とのギャップを感じる点が多く、最終的に転職を決断しない方が多いです。特に年収や社風の違いは転職開始時から想定しておくべきポイントです。

パソナ リクルーティングコンサルタント

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 3.2 808 reviews
  • 平均有給取得日数 11.5
  • 平均残業時間 26.7 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    3.0
  • ワークライフバランス
    3.4
  • 女性の働きやすさ
    3.6
  • 企業の成長性・将来性
    2.8
  • 給与・待遇面の満足度
    2.9
  • 経営陣の手腕
    3.0
  • 顧客志向度
    3.3
  • 自己成長環境
    3.1
  • 企業の安定性
    3.3
  • 事業の社会貢献実感
    3.2

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年09月27日

    低金利が収益を圧迫、厳しい経営環境続く銀行業界

    異次元金融緩和の下、稼げない状況続く銀行大手銀行5行(三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラストホールディングス)と、上場している地方銀行78行の2019年3月期当期純利益合計は前期比19.5%減の約2兆9000億円となった。大手銀行5行の当期純利益は前期比24%減少大手銀行5行のみでみると、当期純利益は前期比24%減の2兆449億円だった。特にみずほFGの純利益は83.3%減の965億円にまで減少した。店舗や次期勘定系システムの減損処理などで約6900億円の損失を計上したことが響いた。貸し出し業務な

  • 2019年04月22日

    銀行業界の最近の動向

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
9兆5,394億 10兆152億 14兆6,566億
前年からの伸び率 % 104.99% 146.34%
収益性 0.94% -0.01% 4.86%

業界トレンドワード

  • Fintech
    Fintechは銀行にとって業務の効率化にも繋がりますが、脅威にもなる存在です。Fintechを活用し今まで人がやっていた業務をITに任せることによって、効率化できますが、その分人は必要ではなくなります。また、今まで銀行とは関係の無い業種の銀行業への新規参入が進むと言われています。

金融・保険の他業界情報を見る