Manufacturing | 製造業(メーカー)

自動車・輸送機械

自動車・輸送機器業界とは、自動車を中心として、車両・船舶・航空機などをまとめて輸送機器と呼びます。輸送機器業界は日本が世界と伍して戦える産業の筆頭に挙げられ、これまで何度もの不況を乗り越えながら今も世界のトップレベルを維持し続けています。特に自動車業界は、日本が世界に誇る巨大産業です。今後は新興国を中心に成長が見込まれており、益々の発展が期待できる業界です。
また、自動車業界は100年に1度の変革期を迎えています。キーワードは「CASE」です。CASEとは、Connected(つながる)、Autonomous(自動運転)、Shared(共同所有)、Electric(電動化)を意味する言葉です。「CASE」は、自動車業界だけでなく、周辺の産業までも巻き込み、破壊と変革を引き起こし、ビジネスの在り方を根本的に変革しようとしています。今後の自動車業界は「発展」と「変革」が起こる魅力的な業界です。メジャー企業は、トヨタ自動車、HONDA、日産自動車、三菱自動車工業などがあります。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)79兆3,120億
  • 業績伸び率108.11%
  • 収益性6.97%
  • 平均年収 571万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

自動車業界は日本の基幹産業になり、トヨタ自動車、HONDA、日産自動車など、日本が世界に誇れるメーカーが数多くございます。昨今、自動車産業は100年に一度の変革期と言われており、「電動化」「自動車運転」など、どんどん進化を続けており、これからも成長が見込まれる業界です。
転職市場に関しては、とても活況です。「CASE(ケース)」という技術進化に伴い、かつてないほどの採用ボリュームになっております。また、業界内での採用には限界がある為、外部を含めた異業界からの採用も積極的に行っている事も特徴になります。
職種としては、エンジニア、営業、管理系含め好調さを反映しており求人状況は活発です。上記したような企業として求められている多様性に対応すべく、技術に応じて、または企業の成長フェーズに応じて、これまでとは異なる採用のハードルを設けています。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 3.3 1,074 reviews
  • 平均有給取得日数 14.1
  • 平均残業時間 26.6 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    3.1
  • ワークライフバランス
    3.2
  • 女性の働きやすさ
    3.2
  • 企業の成長性・将来性
    3.5
  • 給与・待遇面の満足度
    3.3
  • 経営陣の手腕
    3.2
  • 顧客志向度
    3.4
  • 自己成長環境
    3.2
  • 企業の安定性
    3.5
  • 事業の社会貢献実感
    3.5

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
68兆8,662億 73兆3,636億 79兆3,120億
前年からの伸び率 % 106.53% 108.11%
収益性 8.11% 6.79% 6.97%

製造業(メーカー)の他業界情報を見る