外食市場は11年に底入れ、今後は人手不足への対応で明暗が分かれる可能性も

2019年02月19日

外食産業は飽和市場だが、12年以降は緩やかな回復が続く

外食産業の市場規模の推移

一般社団法人日本フードサービス協会によると、2017年の料理品小売業(弁当給食を除く)を含む外食市場の規模は32兆8,176億円。
01年と比べると同市場は6%拡大しているものの、料理品小売業を除くと01年比1%減の25兆6,561億円となっている。
つまり01年からの増加分は全て料理品小売業(持ち帰り弁当店や惣菜店などのいわゆる中食)によるものだ。
総務省の家計調査を見ても、1世帯(総世帯、全国)当たりの一般外食消費額は年間15万7,157円と10年前比3%減少。
一方、1世帯(同)当たりの調理食品消費額は年間10万7,686円と同18%増加している。
このように中食を除く外食市場は飽和気味だが、景気回復などを背景に下落トレンドは11年にストップ。
12年以降は緩慢ながらも回復が続き、直近17年まで6年連続で前年比プラスとなっている。
18年は春闘で実現した賃上げが追い風。
一方、19年は同年10月に予定する消費税増税が外食市場にマイナスの影響を与える可能性がある。

若者の酒離れなどで居酒屋業態が苦戦、外食産業全体では人手不足が大きな問題に

レストラン・フード業界各社の業績推移

外食産業では優勝劣敗が生じている。
日本フードサービス協会の「外食産業市場動向調査」によれば、17年はパブレストラン・居酒屋の全店売上高が前年比1%減となった一方、ファーストフードとディナーレストランが同5%増と好調。
喫茶(同3%増)やファミリーレストラン(同2%増)も堅調だった。
業態別ではここ数年、若者の酒離れなどを背景にパブレストラン・居酒屋の苦戦が目立つ。
居酒屋大手でレストランも経営するコロワイドの18年3月期は、居酒屋業態の既存店売上高が前期比2%減と苦戦。
一方、レストラン業態の既存店売上高は同微減と健闘し、全体の業績を下支えした。

業態別の全店売上高の前期比増減率

外食業界大手の業績を見ると、売上高は堅調だが、人手不足に伴う人件費上昇が利益の圧迫要因になっている。
業界最大手のゼンショーホールディングスの18年3月期は、回転寿司「はま寿司」や牛丼店「すき家」などが堅調に推移し、前期比6%の増収を確保。
一方、営業利益は人件費増や食材高などが響き前期比6%減となった。
ファミレス大手のすかいらーくホールディングスも人件費増や食材高が利益を圧迫。
主力の「ガスト」を中心に既存店が堅調に推移したものの、17年12月期の営業利益は同10%減と振るわなかった。
一方、ファーストフード大手の日本マクドナルドホールディングスは、直近18年8月まで既存店売上高が33カ月連続で前年同月比プラスと好調。
人件費増を増収効果や販管費の効率化などで吸収し、17年12月期の営業利益は同3倍弱に拡大した。
また、回転寿司最大手のスシローグローバルホールディングスの業績も良好。
魚に寄生する寄生虫「アニサキス」の問題をメディアがクローズアップするなか、17年9月期は逆風に負けず、営業増益(同23%増)を確保した。

中食市場は拡大が続いているが、コンビニ弁当などとの競争が激しく、持ち帰り弁当店の業績がさえない。
持ち帰り弁当大手のプレナスは競争激化に加え、食材高や人件費増が収益を圧迫。
18年2月期の営業利益は前期比31%減と苦戦を強いられた。
一方、百貨店や駅ナカなどに惣菜店を出店しているロック・フィールドは複数の自社ブランドの商品を揃えた業態「グリーン・グルメ」が好調。
18年4月期の営業利益は同3%増えた。

外食産業では現在、深刻化する人手不足への対応を迫られている。
ファミリーレストランの「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングスは、昨年1月に24時間営業を撤廃。
18年の春闘では3年ぶりのベースアップ実施を決めた。
こうした取り組みは収益を圧迫する可能性があるが、同社は24時間営業を撤廃した17年12月期に2ケタ営業増益(前期比14%増)を確保。
賃上げを行う18年12月期も増益を確保する見通しだ。
今後、外食産業では人材流出を防ぐために「働き方改革」を進めながら、いかに収益を高めるかが課題となるだろう。


株式会社FISCO

1995年に設立、2006年上場。金融情報配信会社として、株式、為替、債券、仮想通貨といった金融情報を幅広く取り扱う。各投資市場に対する深い理解と洞察に基づき、初心者からプロまで、投資家を支援する各種金融サービスを提供している。 全国の金融機関約250社向けに金融情報を提供しているほか、個人向けではヤフーファイナンス、LINEニュース、SmartNews、Gunosyなど、国内の主要なサイトやアプリに金融・経済系コンテンツを提供している。

外食・フード業界レポート

一覧を見る