レストラン・フード業界動向と業界の注目企業「トリドールホールディングス」

2019年09月19日

■飲食店では原材料費の高騰、人手不足による人件費の高騰で収益性が低下している企業が多い。

■都道府県ごとに設定される地域別最低賃金は、毎年10月を目安に改定されているが、2018年10月の改定では、全国の加重平均時給は3年連続で3%以上上昇し874円となった。
全国で最も賃金の高い東京都では前年比27円引き上げられ985円となった。

■人手不足によりスタッフの業務を効率化する必要性は増しており、飲食店におけるキャッシュレス化は加速している。
飲食店に特化したリサーチサービス「飲食店リサーチ」を運営するシンクロ・フードによると、調査した飲食店のうち55%がキャッシュレス決済を導入している。

■諸外国ではキャッシュレス決済の比率が日本より高く、国をあげて訪日外国人旅行客の拡大を図るなかで、政府もキャッシュレス決済の普及を促している。

レストラン・フード企業業績


業界の注目企業…トリドールホールディングス

■19年3月期は、主力の丸亀製麺の既存店売上高減少が続いているため営業減益を見込んでいるものの、売上高は海外事業を軸に大幅に伸ばす方針。
欧州を中心にアジアン・ファストフードを展開するWOK TO WALKを30店出店するなど、海外で132店の出店を計画している。

■世界的な和食ブームに乗り、海外で積極的な出店を続け、海外事業売上高は18年3月期に104億円となっており、26年3月期には2,900億円を目指している。

■国内においても丸亀製麺に次ぐ新業態を5つ程度開発しており、26年3月期にはグループで全世界6,000店・売上高5,000億円を計画している。

<海外で展開する主なブランド>
(出所:トリドールホールディングス)

■丸亀製麺は、世界中の店舗で本格的な讃岐うどんのおいしさを、セルフ形式で提供している。

丸亀製麺

■WOK TO WALKは、欧州を中心展開するアジアン・ファストフードチェーン。タイの屋台料理を現代風にアレンジしている。

WOK TO WALK


■CRACKIN KITCHENは、2年連続でミシュランにて星を獲得した尾前武シェフ監修の下、ハワイで展開しているレストラン。

CRACKIN KITCHEN



■TOKYO TABLEは、米国で展開する日本食レストラン。

TOKYO TABLE



■Boat Noodleは、タイの水上マーケットにあるスープヌードルがルーツとなっており、手軽さと美味しさ、視覚的な楽しさを強みとしている。

Boat Noodle



■SHORYUは、本格的な博多豚骨ラーメンをイギリス・ロンドンで提供しているラーメン店である。

SHORYU


株式会社FISCO

1995年に設立、2006年上場。金融情報配信会社として、株式、為替、債券、仮想通貨といった金融情報を幅広く取り扱う。各投資市場に対する深い理解と洞察に基づき、初心者からプロまで、投資家を支援する各種金融サービスを提供している。 全国の金融機関約250社向けに金融情報を提供しているほか、個人向けではヤフーファイナンス、LINEニュース、SmartNews、Gunosyなど、国内の主要なサイトやアプリに金融・経済系コンテンツを提供している。

外食・フード業界レポート

一覧を見る