Trading | 商社

その他

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)6兆6,316億
  • 業績伸び率115.53%
  • 収益性1.77%
  • 平均年収 597万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 3 86 reviews
  • 平均有給取得日数 8.6
  • 平均残業時間 38.5 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    2.7
  • ワークライフバランス
    2.9
  • 女性の働きやすさ
    2.9
  • 企業の成長性・将来性
    3.2
  • 給与・待遇面の満足度
    2.6
  • 経営陣の手腕
    3.3
  • 顧客志向度
    3.3
  • 自己成長環境
    2.7
  • 企業の安定性
    3.1
  • 事業の社会貢献実感
    3.3

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年09月25日

    総合商社の動向と業界の注目企業「伊藤忠商事」

    総合商社の最近の動向 三菱商事、伊藤忠商事、丸紅の3社は、2018年4-12月期純利益が過去最高を更新した。三井物産・住友商事も19年3月期通期では純利益が過去最高を更新する見通しである。 三菱商事の4-12月期純純利益は前年同期比6%増の4421億円となった。液化天然ガス(LNG)事業からの受取配当金の増加やアジアでの自動車販売事業が好調だった。一方、同社が筆頭株主でプラント大手の千代田化工建設の経営状態が悪化しており、これに関係する損失と、またシンガポールに拠点を置く農産物商社オラム・インターナショナルへの減損を一過性損失として970億円計上している。 三井物産は、原油やガスなど

  • 2019年07月03日

    総合商社の最近の動向

業界動向・業績

  2016年 2017年 2018年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
5兆5,689億 5兆7,403億 6兆6,316億
前年からの伸び率 103.64% 103.08% 115.53%
収益性 1.75% 1.75% 1.77%

商社の他業界情報を見る