Trading | 商社

自動車・輸送機械関連

自動車・輸送機器業界の中で、代表的なのは自動車業界で、完成車メーカーの下に数え切れないほどの下請け会社や系列会社があり、大きな雇用機会を作り出しています。商社・自動車輸送機器関連業界に関しても、その完成車メーカーや総合商社から分社独立した企業も多くございます。特徴は、商社によって、扱っている商材や販売している主要顧客が変わる事です。将来に関しても、「完成車メーカー」「部品メーカー」と密接に関わり、今後も自動車業界の「成長」と「発展」に伴い、またグローバル化の加速が進むにつれて、益々の発展見込める業界と言えます。メジャー企業としては、自動車メーカー・総合商社から分社独立した企業などがございます。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)1兆2,173億
  • 業績伸び率108.18%
  • 収益性6.39%
  • 平均年収 705万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

自動車産業は100年に一度の変革期と言われており、「電動化」「自動車運転」など、どんどん進化を続けており、これからも成長が見込まれる業界です。商社・自動車輸送機器関連企業に関しても、自動車業界の需要増加に伴い、グローバル展開を加速し、事業拡大と行っております。
採用に関しては、自動車業界の拡大に伴い継続的にニーズはございます。ただ、日本国内でビジネスが完結しない為、英語力を求める人材の採用を行う傾向がございます。グローバルに活躍をした人に関しては、異業界からの採用も積極的に行っています。
職種としては、営業、管理系、一部品質保証などご依頼を頂いております。上記したような企業として求められている多様性に対応すべく、企業の成長フェーズに応じて、これまでとは異なる採用のハードルを設けています。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 3.2 13 reviews
  • 平均有給取得日数 7.9
  • 平均残業時間 17.9 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    3.7
  • ワークライフバランス
    3.5
  • 女性の働きやすさ
    3.0
  • 企業の成長性・将来性
    2.0
  • 給与・待遇面の満足度
    2.3
  • 経営陣の手腕
    4.0
  • 顧客志向度
    4.0
  • 自己成長環境
    4.0
  • 企業の安定性
    2.0
  • 事業の社会貢献実感
    3.0

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年06月12日

    自動車・自動車部品・輸送機械商社の最近の動向

    自動車・自動車部品・輸送機械商社の最近の動向 豊田通商の自動車本部は、トヨタグループ各社を中心に日本国内で生産された自動車、トラック・バス、産業車輌、二輪車、補給部品などを世界各国へ輸出しているほか、海外生産車の第三国への輸出にも携わっている。そのネットワークは、本部の柱となる総輸入販売代理店事業経営、販売店事業経営などを含め、世界146カ国(事業経営展開は48カ国)に及ぶ。 総輸入販売代理店事業経営、販売店事業経営では、各国のビジネス環境やニーズに合わせた車両の「販売」とともに、「補給部品」、技術教育などスタッフ育成への取り組みも含めた「アフターサービス」の3つのオペレーションを

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
1兆536億 1兆1,252億 1兆2,173億
前年からの伸び率 % 106.79% 108.18%
収益性 6.52% 6.92% 6.39%

業界トレンドワード

  • Autonomous(自動運転)
    人工知能などのシステムが周囲の状況を適切に判断し、自律的かつ安全に自動車を運転することです。
    狭義には人間の介在を全く必要としない完全自動運転を指し、広義には人間によるハンドルや
    ブレーキなどの操作を、さまざまなシステムで支援することも含みます。
    自動運転車の商品化、普及により、交通事故の減少、渋滞削減、CO2の削減が見込まれています。
  • Connected(コネクテッド)
    自動車のIT化により、快適性や安全性の向上が実現され、センサーと内部のネットワークにより
    実現できる事だけでなく、クラウドと接続することで、様々な情報サービスを受ける事が可能です。
    コネクテッドカー市場は、自動運転、安全性向上、車載インフォテインメント(IVI)、快適な運転、
    車両管理、走行管理、ホームインテグレーションの分野で発展していきます。
  • MaaS(マース)
    Mobility as a Serviceの略で、車を所有せず、使いたいときだけお金を払って利用するサービスです。
    バスやタクシー、それに、最近、普及してきたカーシェアリングが代表的なイメージです。
    若者の車離れ、マイカーを手放すシニア世代によって、利用する人が増えています。
  • CASE(ケース)
    Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリング
    とサービス/シェアリングのみを指す場合もある)、Electric(電気自動車)の頭文字の造語。
    100年に一度の大変革期を迎える自動車業界のキーワードになります。

商社の他業界情報を見る