Trading | 商社

業界レポート総合商社

  • 19年3月期は7社中6社が最高益を更新 大手総合商社7社の2019年3月期純利益は合計で2兆2,597億円となり、18年3月期純利益合計2兆855億円と比較し8%増加し、三井物産を除く6社が最高益を更新した。 資源関連ではエネルギーが増益をけん引した。原油価格が1バレル=56ドル(18年3月期)から1バレル=69ドル(19年3月期)(ドバイ原油ベース)に大幅に上昇したことが主な要因。一方、各社の金属資源セグメント純利益は、実質ベースで概ね横ばいとなった。鉄鉱石価格は1トン=61ドル(18年3月期)から1トン=64ドル(19年3月期)(FOBスポット価格ベース)、原料炭価格は1トン=204

  • 総合商社の最近の動向 三菱商事、伊藤忠商事、丸紅の3社は、2018年4-12月期純利益が過去最高を更新した。三井物産・住友商事も19年3月期通期では純利益が過去最高を更新する見通しである。 三菱商事の4-12月期純純利益は前年同期比6%増の4421億円となった。液化天然ガス(LNG)事業からの受取配当金の増加やアジアでの自動車販売事業が好調だった。一方、同社が筆頭株主でプラント大手の千代田化工建設の経営状態が悪化しており、これに関係する損失と、またシンガポールに拠点を置く農産物商社オラム・インターナショナルへの減損を一過性損失として970億円計上している。 三井物産は、原油やガスなど

  • 2019年07月03日

    総合商社の最近の動向

    ■総合商社5社の2019年3月期純利益は揃って最高益を更新する見込み。原油や石炭など資源価格の上昇が追い風になっていることに加え、自動車や化学品など非資源分野の収益も拡大している。■伊藤忠の18年4-9月期の収益は前年同期比2.1倍の5兆4609億円となった。新会計基準の適用が主因。出資先の中国政府系企業、中国中信集団(CITIC)については株価の下落により1433億円を減損処理し損失計上すると発表したが、CITICの業績自体は順調で、将来的な回収の可能性はあきらめていないとしている。■三菱商事の18年4-9月期純利益(四半期利益)は前年同期比22%増の3093億円となった。液化天然ガス(LN