Manufacturing | 製造業(メーカー)

ゲーム・玩具

市場規模は2兆9800憶円とかなり大きく、日本経済にとって重要な産業の1つです。平成17年~平成19年までは、大幅に市場規模を成長させていったゲーム業界ですが、平成20年にほぼ横ばいになります。ゲーム機の普及が進み、需要が落ち着いたことが原因だと言えそうです。平成24年以降は、スマートフォンアプリなどのソーシャルゲームが、産業として大きく成長し市場は拡大傾向にあります。次々に新たなタイトルが発表され、ヒットを記録しています。こちらも、従来の課金システム以外の新たなビジネスモデルを編み出し、将来性のあるコンテンツを作成していくことで、コンシューマーゲームと肩を並べる大きな産業へと成長していくことが期待できます。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)4,456億4,758万
  • 業績伸び率130.36%
  • 収益性5.58%
  • 平均年収 460万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

ゲーム業界は、スマホの普及と共に成長をしてきました。スマホ市場が飽和してきた今、今後の発展はゲームのクオリティがより求められます。
ユーザーのニーズ、市場のトレンドを明確に理解する能力が求められます。日頃から、流行に目を向けることが大切だと思います。
今後は少子化などから国内での減収が見込まれるため、将来的な課題は多く存在していますが、海外などを視野にさらに売上を伸ばせる業界だと思われます。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 2.6 12 reviews
  • 平均有給取得日数 8.5
  • 平均残業時間 26.3 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    2.6
  • ワークライフバランス
    2.5
  • 女性の働きやすさ
    3.0
  • 企業の成長性・将来性
    3.0
  • 給与・待遇面の満足度
    2.2
  • 経営陣の手腕
    4.0
  • 顧客志向度
    2.5
  • 自己成長環境
    2.0
  • 企業の安定性
    2.5
  • 事業の社会貢献実感
    2.0

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年08月07日

    ゲーム各社の動向と業界の注目企業「コナミホールディングス」

    ■任天堂は2017年3月に「Nintendo Switch」を発売し、18年3月期はこの効果で売上高は2倍以上に増加、営業利益も6倍に膨らんだ。19年3月期もSwitchの効果は続いており、18年10月に発売した「スーパーマリオパーティ」が530万本、11月に発売した「ポケットモンスターLet’s Go!ピカチュウLet’s Go!イーブイ」が1,000万本、12月発売の「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」が1,208万本の販売を記録する大ヒットとなっており、増収増益が続く見通し。■バンダイナムコホールディングスは、玩具では機動戦士ガンダムシリーズのプラモデルなどが、スマホゲームではド

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
3,507億8,386万 3,418億6,945万 4,456億4,758万
前年からの伸び率 % 97.46% 130.36%
収益性 0.98% 2.49% 5.58%

業界トレンドワード

  • キャラクター雑貨・おもちゃ分野の拡大
    「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」で有名な「タカラトミー」と「機動戦士ガンダム」「仮面ライダー」「プリキュア」などの定番キャラクター商品を販売する「バンダイナムコホールディングス」が国内2大メーカーとして知られています。外資系ブランドでは「レゴブロック」を展開するレゴグループの「レゴジャパン株式会社」が存在。
    時代が変わっても愛され続ける定番の玩具が、玩具業界を支えています。
  • ソーシャルゲーム
    スマートフォンの普及によって最近になって成長しているタイプで、基本的には無料、一部コンテンツは課金をして遊ぶというものです。
    ソーシャルゲームは、課金によって収益を得るビジネスモデルで、一部のタイトルはこの仕組みによって、従来からのコンシューマーゲームの売上を追い抜く勢いがあります。

製造業(メーカー)の他業界情報を見る