Education · HR | 教育・人材ビジネス

人材紹介・派遣

人材紹介は3000億ほどの市場規模で、終身雇用制度が崩壊した中で、急速に伸びている業界になります。リクルートエージェントやパーソルキャリアがメインプレイヤーで、人材紹介において成約率を高めるためにマッチングを適切に行う必要があります。クライアント企業には社風や求める人材について、カスタマーに対してはキャリアプランや転職における要望をしっかりとヒアリングをし、密に人と接することを求める方に向いている業界になります。
人材派遣は市場規模4兆1000億の人材業界では圧倒的な市場規模を持つ事業です。主な会社としてパソナ、リクルートスタッフィング、パーソルテンプスタッフなどがあげられます。派遣社員がどのように仕事を行っているかなど、働きぶりを見る事が出来る点は魅力になります。個々のライフステージに合わせた提案を個々に行える方が向いています。
両業界ともに今後は専門をより高めた特化型のニーズが高まっていきそうです。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)1兆835億
  • 業績伸び率124.07%
  • 収益性6.79%
  • 平均年収 528万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

人材紹介会社と言っても、(派遣)(請負)(人材紹介)と各社メインとなるサービス事業が異なります。人材業界であれば片っ端から応募・・
ではなく、しっかりとメイン事業(収益の中心)を確認する事をお勧めします。
朝早くから夜遅くまで勤務時間が長いイメージがありますが、働く環境は整備されている会社が多く、産休や育休の取得・復帰率も高いです。
今後AIが多く普及してくると推測ができますが、人生の岐路の選択(特に決断する為の情報提供は)AIではなく、専任のアドバイザーの役割で、最も介在する意義があります。未経験でも販売職などで数字を追った経験があれば、応募可能な求人が多数あります。
是非、積極的に応募をされる事をお勧めします。

パソナ リクルーティングコンサルタント

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 3 204 reviews
  • 平均有給取得日数 7.7
  • 平均残業時間 28.3 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    3.0
  • ワークライフバランス
    2.8
  • 女性の働きやすさ
    3.5
  • 企業の成長性・将来性
    3.3
  • 給与・待遇面の満足度
    2.5
  • 経営陣の手腕
    2.9
  • 顧客志向度
    3.1
  • 自己成長環境
    3.1
  • 企業の安定性
    2.9
  • 事業の社会貢献実感
    3.0

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年05月20日 教育・人材ビジネス - 人材紹介・派遣 教育・人材ビジネス - アウトソーシング・コールセンター 教育・人材ビジネス - その他

    人材ビジネスの最近の動向

    ■人材サービス各社の業績は、多くの企業で2ケタ増収が続くなど極めて好調に推移している。■働き方改革や慢性的な人手不足により、人材派遣や転職支援サービスのニーズが膨らみ、各社の業績を押し上げている。■2015年9月末に施行された改正労働者派遣法により、同じ事業所で派遣社員として働ける期間は3年までとなった。派遣先を移るスタッフが増加し、就労者確保のために時給を上げる企業が増えている。■パート・アルバイトの時給も人手不足を背景に高騰している。直近の三大都市圏平均時給は1,000円を超え、過去最高となっているもよう。■正社員についても18年9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.64倍となり、過去最高

  • 2019年02月22日 教育・人材ビジネス - 人材紹介・派遣

    政府の「働き方改革」も追い風に各分野で需要が広がる

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
7,225億8,353万 8,733億9,932万 1兆835億
前年からの伸び率 % 120.87% 124.07%
収益性 6.40% 7.04% 6.79%

業界トレンドワード

  • 外国人採用
    少子高齢化による人手不足に伴い、外国人の採用が増え続けています。今後もその傾向はますます強まる見込みですが、外国人の採用にはビザ、言語、カルチャーギャップなど様々な課題があります。会社内でそのノウハウを持っているところは少なく、組織人事コンサルティング会社にコンサルティングやアウトソーシングを依頼するケースが増えています。
  • ダイレクトリクルーティング
    企業が自ら採用したいと思う人を探し出し直接アプローチする採用手法です。SNSや転職サイトの発展に伴い以前より個人に対しアプローチがしやすい環境になってきています。採用企業にとっては人材紹介エージェントへ支払う手数料の削減が可能となりますが、一方で膨大な人材データから優秀な人を探しだすという労力がかかるという面もあります。
  • RPA
    RPAとはRobotic Process Automationの略で主にホワイトカラーが行ってきた単純作業を自動化・効率化するテクノロジーです。少子高齢化社会に突入した日本では人手不足が問題となっており、RPAによる効率化・自動化がトレンドとなっています。
  • HR Tech
    HR Techとは採用・育成・評価・労務といった人事にかかわる業務を最先端のテクノロジーを使って行っていく手法です。ビックデータ、人工知能(AI)を活用した新しい技術が次々と開発され、従来、人の手で行われていた人事関連業務がIT技術で自動化されてきています。

教育・人材ビジネスの他業界情報を見る