Consulting | コンサルティング・士業

社会保険労務士事務所

社会保険労務士事務所とは会社を経営していくにはかかせない「人・物・金・情報」の中で「人」に関わるテーマを扱っており労務知識を身につけている社会保険労務士が多く所属しています。社会保険労務士は専門知識を活かして、企業に対して雇用が法律に準じているかどうかをアドバイスしたり、個人に対して年金や労務について相談を受けたりするのが仕事です。 法令に従いクライアントがとるべきルールを把握した上で、改善すべき点があればクライアントに指摘・助言していきます。
昨今では、政府が主導する「働き方改革」の影響や、求人倍率上昇により就業規則や賃金体系を見直し、人材定着率を向上させようという企業が多くなっており、関連相談案件が増加傾向です。また人手不足の中で、利益に直結しない労働・社会保険手続業務を社労士にアウトソーシングしようという企業も増加しています。

近年、どの企業でもインターネットを導入しており、不明なことはすぐに調べることが可能な時代となりました。例えば、労務関係の手続きで不明なことがあれば、専門家である社会保険労務士に相談しなくても、担当者がネットで調べれば、すぐに解決出来るケースが増えてきました。さらに、給与計算などの専用ソフトが広く普及したことにより、パソコン上に数字を打ち込むだけで簡単に計算が出来ることが一般的になりました。社会保険労務士はこのような背景から、書類を調べて手続きを代行するだけではなく、労務や保険に関する複雑なケースへの対応が期待されています。これらの分野は法改正も多いため、一般人が最新情報を追い続けるのは、非常に困難になっており、社会保険労務士の活躍が期待されます。

パソナ リクルーティングコンサルタント

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 -- 0 reviews
  • 平均有給取得日数 --
  • 平均残業時間 -- 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    --
  • ワークライフバランス
    --
  • 女性の働きやすさ
    --
  • 企業の成長性・将来性
    --
  • 給与・待遇面の満足度
    --
  • 経営陣の手腕
    --
  • 顧客志向度
    --
  • 自己成長環境
    --
  • 企業の安定性
    --
  • 事業の社会貢献実感
    --

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

経済動向

  • 2019年04月09日

    専門職系事務所(弁護士・税理士)

    弁護士事務所の種類 弁護士事務所は1人で経営しているものから100人以上の弁護士を抱える大事務所まである。一般的に個人経営また小規模の事務所は、個人や中小企業がクライントで相続や訴訟の代理人を務めて報酬を得る。一方、大事務所は大企業がクライアントで、訴訟、M&A、株主総会の運営などで報酬を得る。全国には約16,000の弁護士事務所があり、6割は弁護士が一人の個人事務所である。大事務所としては、西村あさひ法律事務所、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、森・浜田松本法事務所、長島・大野・常松法律事務所、TMI総合法律事務所が5大事務所と称される。他に、過払い金返還請求訴訟業務で急成長した

業界動向・業績

 
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
前年からの伸び率
収益性

業界トレンドワード

  • 働き方改革
    経営者が「働き方改革」(時間を減らして、公平で安心できる労働環境や、効率のよい働き方を実現しよう)を具体的にどう進めていいのか一緒に相談をして、現場の環境改善を進めていくことは、今後、社会保険労務士(社労士)のミッションになります。

コンサルティング・士業の他業界情報を見る

社会保険労務士事務所の企業