Manufacturing | 製造業(メーカー)

建材・ガラス

人口減に伴い新設着工住宅は減少傾向にあり、購買層である30代の人口は2015年から2025年までに2割減といわれています。さらには生涯未婚率の上昇により世帯を持たない人が3割増えると予測されています。リフォーム向けの需要も伸び悩む一方で、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及や省エネ基準適合化で断熱分野と高断熱商品へのシフトが進む外部建具分野がけん引することで市場拡大する見通しです。
建材市場は2019年度まで拡大するものの、それ以降は新設住宅着工戸数の減少により縮小すると予想されます。
また、ガラスメーカーは震災後に自動車、建築、スマホ向けガラスが堅調な伸びを見せ、再び若干の増加傾向にあります。
建材メーカーTOP3はLIXIL、TOTO、三和ホールディングス。ガラスメーカーTOP3はAGC、日本板硝子、HOYAとなっています。

  • 業界売上総計(Edinet掲載企業)11兆7,576億
  • 業績伸び率110.55%
  • 収益性5.86%
  • 平均年収 592万
  • 求人倍率--

※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※収益性:(営業利益÷売上×100)から算出した値

求人として多いのは、営業職です。特に大手企業は地方の営業求人も多く、Uターン・Iターンでの転職もしやすいです。また、専門職としては、設計、生産管理、購買なども増加傾向にあります。設計職は若手の場合は未経験でも募集している企業も多数あります。生産管理は製品が一定の品質と、市場に応じた適切な製造量を保てるよう、スケジュールや計画を立て、生産ラインと製造量を管理する仕事であり、中国など海外工場でいかに質を下げずに製造できるかがポイントとなります。また、一定の品質を保ち、良い商品を仕入れつつ、いかにコストダウンできるかは購買職も鍵となります。既存の取引先だけではなく、新規開拓も時には必要となります。いずれも、キャリアアップの観点では年齢が上がるにつれ英語力も必須となることが多いです。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 2.9 283 reviews
  • 平均有給取得日数 11.5
  • 平均残業時間 27.4 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    2.6
  • ワークライフバランス
    2.8
  • 女性の働きやすさ
    3.1
  • 企業の成長性・将来性
    3.0
  • 給与・待遇面の満足度
    2.7
  • 経営陣の手腕
    2.8
  • 顧客志向度
    3.1
  • 自己成長環境
    2.8
  • 企業の安定性
    3.2
  • 事業の社会貢献実感
    3.0

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年06月18日

    化学・繊維・素材メーカーの最近の動向

    化学・繊維・素材メーカーの最近の動向 化学大手6社(信越化学工業、三菱ケミカルホールディングス、旭化成、三井化学、住友化学、東ソー)のうち、2019年3月期は信越化学、三菱ケミカル、三井化学が純利益レベルで最高益更新の見通し。 信越化学の18年4-9月期営業利益は前年同期比34%増の2,092億円となった。けん引役は世界トップのシェアを誇る塩化ビニル樹脂とシリコンウエハー。建材などに使う塩ビ樹脂は米国での販売が好調に推移している。またシリコンウエハーは記憶媒体となるフラッシュメモリーなどに使う主力の300mmを中心に需給が引き締まっており、値上げが進んでいる。 三菱ケミカルは、主

業界動向・業績

  2015年 2016年 2017年
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
10兆856億 10兆6,360億 11兆7,576億
前年からの伸び率 % 105.46% 110.55%
収益性 5.96% 6.26% 5.86%

業界トレンドワード

  • ZEH/HEMS
    ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEHゼッチ)とは家庭での年間エネルギー消費量を概ねゼロにする住宅のことです。そのような住宅には「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」という家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムを使います。このシステムを使うと、 家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」できるようになります。

製造業(メーカー)の他業界情報を見る