Consulting | コンサルティング・士業

業界レポート税理・会計事務所

  • 2019年12月06日

    税理士の働き方

    税理士の働き方は主に5つ税理士の働き方は大きく5つに分類される。第一は中小規模事務所にて勤務税理士として働く。第二は大手税理士法人で勤務税理として働く。第三は事業会社の経理部門や金融機関などで働く。第四は親族が会計事務所を経営しており、将来の事業承継を見据えて、その事務所で働く。第五は自らが独立して開業税理士として働く。の5パターンである。仕事内容は、中小規模事務所、大手税理士法人、事業会社および金融機関の3タイプで大きく異なる。中小規模事務所での業務中小規模事務所で働く場合には、クライアントの多くは中小企業また個人となり、その企業また個人の税務に関わる包括的な支援を行うことになる。具体的な業

  • 弁護士事務所の種類 弁護士事務所は1人で経営しているものから100人以上の弁護士を抱える大事務所まである。一般的に個人経営また小規模の事務所は、個人や中小企業がクライントで相続や訴訟の代理人を務めて報酬を得る。一方、大事務所は大企業がクライアントで、訴訟、M&A、株主総会の運営などで報酬を得る。全国には約16,000の弁護士事務所があり、6割は弁護士が一人の個人事務所である。大事務所としては、西村あさひ法律事務所、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、森・浜田松本法事務所、長島・大野・常松法律事務所、TMI総合法律事務所が5大事務所と称される。他に、過払い金返還請求訴訟業務で急成長した