Consulting | コンサルティング・士業

税理・会計事務所

会計・税理士事務所は「事務所クライアント先の規模」「専門分野」により大きく特徴が異なり、担当案件の内容が変わります。大手監査法人のグループ会社である会計事務所では「大手企業」や「グローバル展開企業」が主となる可能性が高いですし、独立系では「IPO予定企業やベンチャーを得意とする事務所」や「SPC経理案件を得意とする事務所」「中小企業を得意とする事務所」など様々な特徴を持った事務所が存在します。
どの様なクライアントの業務に携わりたいかをよく考え選択を頂くことをお薦め致します。会計士や税理士になる事が出来れば、業務の幅が広がり、独占業務や専門性の高い業務に携わることが可能です。この業界を選択する事で2つの利点がございます。専門性を高められること、さらに複数のクライアントに関われることになります。クライアントの規模によっては、直接経営者に対して会計結果を元に、経営アドバイスを行うような機会もございます。

税理士・会計事務所で働くメリットは、専門性を高められることと、複数の会社をクライアントに関われることです。近年では働く環境、福利厚生など充実した事務所が増えてきている印象があります。また資格がなくても未経験からチャレンジできる事務所もあるので、間口は広くなってきております。
事務所で専門性を高めて、事業会社へ転職されるキャリアを築く方が従来は多かったものの、昨今では専門性を高めたく事務所へ転職する方も増えてきています。AIによる技術革新が進み、自分の担当している業務が今後どうなるのか不安に感じておられる方が専門性を上げるため、税理士・会計事務所へチャレンジされる傾向があります。是非、専門性を磨きたい方は税理士・会計事務所へチャレンジすることはチャンスになります。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 3.1 11 reviews
  • 平均有給取得日数 8.4
  • 平均残業時間 36.3 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    2.0
  • ワークライフバランス
    3.0
  • 女性の働きやすさ
    4.0
  • 企業の成長性・将来性
    3.0
  • 給与・待遇面の満足度
    2.5
  • 経営陣の手腕
    3.0
  • 顧客志向度
    3.6
  • 自己成長環境
    3.4
  • 企業の安定性
    2.8
  • 事業の社会貢献実感
    3.4

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

経済動向

  • 2019年12月06日

    税理士の働き方

    税理士の働き方は主に5つ税理士の働き方は大きく5つに分類される。第一は中小規模事務所にて勤務税理士として働く。第二は大手税理士法人で勤務税理として働く。第三は事業会社の経理部門や金融機関などで働く。第四は親族が会計事務所を経営しており、将来の事業承継を見据えて、その事務所で働く。第五は自らが独立して開業税理士として働く。の5パターンである。仕事内容は、中小規模事務所、大手税理士法人、事業会社および金融機関の3タイプで大きく異なる。中小規模事務所での業務中小規模事務所で働く場合には、クライアントの多くは中小企業また個人となり、その企業また個人の税務に関わる包括的な支援を行うことになる。具体的な業

業界動向・業績

 
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
前年からの伸び率
収益性

業界トレンドワード

  • 会計士の領域
    世の中の流れとしても新規事業の取り組み、海外ビジネスの強化、不正リスクへの対応、IPOを
    目指すベンチャー企業の増加など、公認会計士が活躍できる領域は拡大中です。 一旦は飽和状態に
    まで達した公認会計士対象の求人がどのように推移していくのか、注目が集まっています。
  • 広がる間口
    最近は若年層であれば税理士試験2科目以上で書類選考に通過するケースも増えてきています。
    また、あるBig4税理士法人では就業経験の浅い第二新卒層を契約社員として雇用、残業時間を
    抑制して実務サポートを任せる、といった取り組みも始まっており
    「Big4税理士法人では税理士試験の受験勉強が出来ない」という概念も崩れ始めています。
  • ニーズの高い案件
    近年、大手上場企業、大手金融機関、その他外資系企業の投資活動も活発化していることから、一般的な税務顧問業務に加えて、スポットの税務コンサルティング業務が増加している傾向です。特にM&Aや事業承継コンサルティング等のニーズが増えており、各分野で優秀な人材を求めています
  • 採用状況トレンド
    中小規模の会計事務所の多くは採用ニーズの高い状態が継続しています。大手会計事務所と比較して知名度の低い中小規模の会計事務所としては、今まで以上に若年層で優秀な人材を採用することが難しくなっています。そのため、多くの中小事務所で採用ハードルが下がることが予想され、会計事務所業界に挑戦したい方には、新たなキャリアを歩むチャンスがございます。

コンサルティング・士業の他業界情報を見る

税理・会計事務所の企業