Consulting | コンサルティング・士業

法律事務所

法律事務所には大きく、事務所は大きく4種類:大手法律事務所/外資系法律事務所/中堅企業法務系法律事務所/一般民事系法律事務所があります。またその中でも所属するパートナー弁護士が得意とする領域により専門領域が様々あります。企業法務に強い事務所では合併などを通して組織拡大・サービスの影響範囲の拡大に取り組む企業や、国内企業の海外進出にあわせて海外拠点を増やす企業が世界的に増えている中で、案件のグローバル化に対応できる組織づくりに力をいれている法律事務所が増えています。
またリーマンショックにより金融機関が打撃を受けたこともあり、ファイナンス領域の業務が激減し、大手渉外ファームや外資系ローファームでは弁護士の在籍者数が一時的に伸び悩みました。その後、アベノミクスによる景気回復が続き、現在では足りなくなった弁護士を補おうという揺れ戻しが起きています。それにあわせて管理部門や事務スタッフも増加傾向にあります。

法律事務所には大きく、事務所は大きく4種類:大手法律事務所/外資系法律事務所/中堅企業法務系法律事務所/一般民事系法律事務所があります。またその中でも所属するパートナー弁護士が得意とする領域により専門領域が様々あります。企業法務に強い事務所では合併などを通して組織拡大・サービスの影響範囲の拡大に取り組む企業や、国内企業の海外進出にあわせて海外拠点を増やす企業が世界的に増えている中で、案件のグローバル化に対応できる組織づくりに力をいれている法律事務所が増えています。
またリーマンショックにより金融機関が打撃を受けたこともあり、ファイナンス領域の業務が激減し、大手渉外ファームや外資系ローファームでは弁護士の在籍者数が一時的に伸び悩みました。その後、アベノミクスによる景気回復が続き、現在では足りなくなった弁護士を補おうという揺れ戻しが起きています。それにあわせて管理部門や事務スタッフも増加傾向にあります。

パソナ リクルーティングアドバイザー

この業界の従業員の評価

  • 総合評価 -- 0 reviews
  • 平均有給取得日数 --
  • 平均残業時間 -- 時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    --
  • ワークライフバランス
    --
  • 女性の働きやすさ
    --
  • 企業の成長性・将来性
    --
  • 給与・待遇面の満足度
    --
  • 経営陣の手腕
    --
  • 顧客志向度
    --
  • 自己成長環境
    --
  • 企業の安定性
    --
  • 事業の社会貢献実感
    --

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

経済動向

  • 2019年04月09日

    専門職系事務所(弁護士・税理士)

    弁護士事務所の種類 弁護士事務所は1人で経営しているものから100人以上の弁護士を抱える大事務所まである。一般的に個人経営また小規模の事務所は、個人や中小企業がクライントで相続や訴訟の代理人を務めて報酬を得る。一方、大事務所は大企業がクライアントで、訴訟、M&A、株主総会の運営などで報酬を得る。全国には約16,000の弁護士事務所があり、6割は弁護士が一人の個人事務所である。大事務所としては、西村あさひ法律事務所、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、森・浜田松本法事務所、長島・大野・常松法律事務所、TMI総合法律事務所が5大事務所と称される。他に、過払い金返還請求訴訟業務で急成長した

業界動向・業績

 
業界売上総計
(Edinet掲載企業)
前年からの伸び率
収益性

業界トレンドワード

  • 先端領域需要(情報技術やAI、フィンテック等の発達)
    法律事務所業界へに広告が解禁されたこともあり、ウェブマーケティング等を上手く活用した法律事務所が組織を大きくしている傾向にあります。また今後の見通しはまだ不透明ですが、情報技術やAI、フィンテック等が発達する中、弁護士がカバーしなければならない領域も益々広がっていき、先端領域に対する需要が高まっていくと予想されます。
  • グローバル化
    法律事務所のクライアント先がグローバル化していく中で、日本の大手法律事務所を中心に、本格的なグローバル化に舵(かじ)を切っています。日本の事務所としては初となる海外事務所買収や、海外経験の長い企業経験者の起用など、動きも活発です。日系事務所の国際化は、海外M&A(合併・買収)に挑む日本企業にも大きなメリットがあるため今後も引き続き注目もされていく可能性が高いと思われます。

コンサルティング・士業の他業界情報を見る

法律事務所の企業