業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

マスコミ・広告 特集

  • 2019年03月01日 テレビ・放送 新聞・出版・印刷 広告

    環境変化に伴い周辺分野への事業展開が不可欠に

    広告業界は博報堂DYのシェアが上昇傾向広告業界トップである電通の2017年12月期業績は、売上高こそM&A効果で伸びたものの、国内事業が減益となって、営業利益は横ばいにとどまった。為替やM&Aの影響を除いたオーガニック成長率(内部成長率)は、EMEA(欧州・中東・アフリカ)が上昇した一方、国内、Americas(米州)、APAC(アジア太平洋)は低下。単体の業務区分別では、インタラクティブメディア(双方向型メディア)が伸びたものの、主力のテレビ、新聞などの売上が減少した。業種別では、最大ユーザーとなる情報・通信は伸びたが、流通・小売業、外食・各種サービス、官公庁・団体などの落ち

お勧めの業界

  • 電気

    電気業界は、生活に欠かせない電力を扱っている業界であり、最近では「電力自由化」が大きな話題となりました。高度成長経済期を支えた地域独占体制は、電力会社同士の競争がなく、安定的に電力を供給できるとても効果的な制度ではあったものの、今日のグローバル化に伴う企業間の競争や市場拡大を見越すと、電力自由化によって拡大する8兆円市場の可能性、総合エネルギー企業出現なども期待されています。 実際、これまで傘下として展開してきた企業が、新規事業や新規サービスに取り組むなど、外部から見ても刺激があり動きが出てきました。今後は原子力による発電量だけに頼らず、地球にも優しい自然エネルギーでの発電が日本には急務となっており、様々な壁に立ち向かっている企業も多くあります。いずれにせよ、活気があり様々な新しい取り組みが出来る業界です。

  • 化学・繊維

    プラスチック、鉄鋼、食品、化粧品、医薬、農薬など様々な業界に材料を提供する化学メーカーを相手に専門分野に特化しビジネスを展開する化学品商社は、その裾野の広さとビジネスの大きさが特徴的です。 一部、B to C(対消費者)へのビジネスを展開する企業もございますが、基本的にはB to Bのビジネスを基本とする業界のため、一見その実態はわかりづらいのですが、顧客との信頼関係を第一に、足の長いビジネスを展開していますので、ビジネスマンとしてのスキルが高い方が多く、周囲の環境に感化されつつ、携わる仕事のスケールの大きさとそのやりがいを感じながら、大きく成長を実感できる業界です。 転職市場としては、仲介業を基本とする商社ですので、お人柄はもちろんですが、顧客ニーズの多様化を背景に業界知見をお持ちのスペシャリストや理系出身者のニーズが堅調で、各社が更なる顧客ニーズに応えるべく積極的に採用を展開しています。

  • レジャー・スポーツ

    店舗スタッフ、カウンセラー、トレーナーの人材不足が目立っている業界です。 事業拡大において、人材採用は重要な経営課題となっています。人材確保のための採用担当者の強化や、採用・雇用方法の柔軟な対応が今後、重要になってくると想定されます。人材採用と同様に出店開発においても重要な経営方針とされているので、出店開発に関わる求人も増加しています。 フィットネス業界については、健康志向、健康経営のニーズの高まりから、更に業界は拡大して、業態の変化が起こると想定されます。法人や官公庁との提携や、新規事業、サービス拡大も考えられます。 また、来店型のビジネスですので、店舗での商品販売の強化や、プライベートブランド開発の求人も、増加傾向にあります。