業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

商社 特集

  • 2019年12月05日 総合商社

    総合商社各社の強みは千差万別

    19年3月期は7社中6社が最高益を更新 大手総合商社7社の2019年3月期純利益は合計で2兆2,597億円となり、18年3月期純利益合計2兆855億円と比較し8%増加し、三井物産を除く6社が最高益を更新した。 資源関連ではエネルギーが増益をけん引した。原油価格が1バレル=56ドル(18年3月期)から1バレル=69ドル(19年3月期)(ドバイ原油ベース)に大幅に上昇したことが主な要因。一方、各社の金属資源セグメント純利益は、実質ベースで概ね横ばいとなった。鉄鉱石価格は1トン=61ドル(18年3月期)から1トン=64ドル(19年3月期)(FOBスポット価格ベース)、原料炭価格は1トン=204

  • 総合商社の最近の動向 三菱商事、伊藤忠商事、丸紅の3社は、2018年4-12月期純利益が過去最高を更新した。三井物産・住友商事も19年3月期通期では純利益が過去最高を更新する見通しである。 三菱商事の4-12月期純純利益は前年同期比6%増の4421億円となった。液化天然ガス(LNG)事業からの受取配当金の増加やアジアでの自動車販売事業が好調だった。一方、同社が筆頭株主でプラント大手の千代田化工建設の経営状態が悪化しており、これに関係する損失と、またシンガポールに拠点を置く農産物商社オラム・インターナショナルへの減損を一過性損失として970億円計上している。 三井物産は、原油やガスなど

  • 2019年07月03日 総合商社 その他

    総合商社の最近の動向

    ■総合商社5社の2019年3月期純利益は揃って最高益を更新する見込み。原油や石炭など資源価格の上昇が追い風になっていることに加え、自動車や化学品など非資源分野の収益も拡大している。■伊藤忠の18年4-9月期の収益は前年同期比2.1倍の5兆4609億円となった。新会計基準の適用が主因。出資先の中国政府系企業、中国中信集団(CITIC)については株価の下落により1433億円を減損処理し損失計上すると発表したが、CITICの業績自体は順調で、将来的な回収の可能性はあきらめていないとしている。■三菱商事の18年4-9月期純利益(四半期利益)は前年同期比22%増の3093億円となった。液化天然ガス(LN

お勧めの業界

  • オンラインゲーム

     ゲームのようなエンタメコンテンツは生活必需品ではありません。しかしエンタメコンテンツは、紀元前の古代エジプト時代にあったボードゲームや、平安時代の貝合わせなど、どのような時代においても、各時代の文化やテクノロジーに合わせて必ず存在しており、人々に親しまれてきました。  昔はエンタメコンテンツも限られておりましたが、テクノロジーが大幅に進化した現代において、エンタメコンテンツは多種多様化しており、ユーザーが求めるレベルも日々高くなっております。舌の肥えた現代のユーザーに、いかに驚きや感動を与えられるか、クリエイターの皆様は熱い想いを持ち日々奮闘されています。  「人生で大切なことはゲームから学んだ」とお話しされる方もいらっしゃるほどであり、余暇の時間にどれだけ優良なコンテンツに触れられるかで、現代では人生を左右するのかもしれません。いわば、生活必需品ではありませんが、現代においては人生における必需品なのかも???

  • 鉄鋼・建材・エクステリア

    鉄鋼は「産業の米」と呼ばれ、建築土木、自動車、産業機械、電気機器などの製造に欠かせない素材であるため、鉄鋼業は日本の重工業を代表する基幹産業の一つとなっています。鉄を通じて日本の「ものづくり」を支えたいと考えご入社される方が多いようですが商社の場合は多様な製品が流通している為、実際どのようなかたちで使われているのか具体的にイメージすることが必要です。企業例としては鉄鋼の場合は総合商社の鉄鋼事業部同士が合併している場合が多く、例としては三菱商事と双日が設立したメタルワン、伊藤忠商事と丸紅が設立した伊藤忠丸紅鉄鋼があたります。独立系専門商社の例としては、阪和興業、岡谷鋼機などがあげられ、属性としてはいくつかに分けられます。

  • 石油・電力・ガス

    電力・ガス業界共に、インフラ業界という事もあり、年収の水準も高水準となっております。また、各エリア毎に主要企業があり、地元に貢献したい方や人々の生活を支えたいとお考えの方に人気のある業界となっております。また、国の制度や法律の改正により市場が開かれている業界となりますので、今後さらなる成長が見込める業界となります。 石油業界は業界再編が進んでおり、今後も大手企業の動向が重要になっております。また、原油価格の変動によりグローバルにおいても業界の景気が大きく変わる産業となっております。さらには、各社石油に代わる新しいエネルギー分野の開拓も進めており、再生可能エネルギーにも力を入れております。