業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

IT 特集

  • 2019年10月14日 通信関連

    楽天が第4のキャリアとして参入

    楽天は、大手3社比30%安となる価格で携帯サービスを開始予定2019年の通信業界における最大のトピックは、楽天の携帯電話事業参入となるだろう。楽天は19年10月にMNOとして通信サービスを開始する。MNOとは移動体通信事業者のこと。携帯電話などの移動体通信機器で使われる通信回線網を自社で設置、運用し、独自に通信サービスを提供する。国内ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがMNOにあたる。MNOの対義語がMVNOである。MVNOは仮想移動体通信事業者と呼ばれ、MNOから通信帯域を借りて通信サービスを提供している。19年3月末時点の国内MVNO契約回線数は1,312万件であるが、楽天はこのなか

  • 通信業界の最近の動向 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社の2018年4-12月期業績はいずれも増収増益となったが、先行きへの不透明感が増している。 不透明感が増している最大の要因としては、総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」が緊急提言を打ち出し、これを受けて業界首位のNTTドコモが料金の値下げを発表したことによる。 NTTドコモは19年春より端末料金と通信料金を明確に分離したプランを導入する予定としており、利用動向に応じて2~4割の通信料金の値下げを行う。 値下げによりNTTドコモの売上高は4,000億円程度減少し、20年3月期、21年3月期と減益が続く見通

  • 2019年06月20日 通信関連

    通信業界の最近の動向

    通信業界の最近の動向 携帯電話料金を巡っては、菅義偉官房長官が8月に「4割程度値下げ余地がある」と値下げを求めていた。 これに応じる形で、国内携帯最大手のNTTドコモは10月末、2019年度から通信料を2~4割値下げすると発表。中期経営戦略の基本方針は、「会員を軸とした事業運営への変革」と、「5G(次世代通信規格)の導入とビジネス創出」に舵を切る。これらの取り組みにより、23年度に営業利益を2017年度水準の9000億円に回復させ、20年代の持続的成長を目指す。 これに対し、KDDIは「au」で17年夏から分離モデルの「auピタットプラン」を導入しており、すでに請求書ベースで3割の値

お勧めの業界

  • 投資会社(VC)

    ベンチャーキャピタル(VC)、プライベートエクイティファンド(PE)、不動産ファンドなどの投資会社は、それぞれ高い専門性を要求されるやりがいのある仕事と言えます。ベンチャーキャピタル(VC)、プライベートエクイティファンド(PE)は、共に企業評価ができる財務会計の知識が必要であり会計士の資格を持った方やコンサルティングなどで企業経営に関わってこられた経験をお持ちの方が必要とされます。不動産ファンドでは、不動産経営や不動産ファイナンスなどの知識や経験を駆使して不動産価値を向上させてきた経験が求められます。どれをとっても知識と経験が求められるものであり、それなりの知識と経験が無いとご応募自体が難しい職種と言えます。

  • セキュリティ・警備・清掃

    【警備業界】オリンピックや大きなイベントが追い風となり、ニーズは非常に高いです。職種経験が未経験であっても 挑戦し易い職務ですが、雇用形態は契約社員スタートとなる場合が多いです。 【清掃業界】清掃業務と言っても、メンテナンス(保守点検)やシロアリ駆除など仕事内容は多岐に亘ります。ビルメンテナンス業務では、専門的な資格を求められることもありますが、会社側が資格取得に向けたサポートをしてくれることも多いです。一定のニーズがある為、他の業界に比べると就業できる可能性も高いのも特徴です。 夜勤勤務に抵抗がない方は、高収入を得られるチャンスもあります。学歴や業界経験などは特に問わない企業が多い為 業務内容に興味があれば、応募は可能です。

  • EC・ネットショップ

    企業のSEO施策が変化、またリスティング広告費用の高騰により、検索エンジンからの新規顧客獲得が困難になり、来訪顧客のCV率と既存顧客のLTVがより重要な指標になりつつあります。そのため、【広告運用】や実際Yahoo!やアマゾン、楽天などの【ECサイトの運営経験者】などを引き続き各社募集する傾向です。 また、それに付随して、ネット購入の普及による宅配荷物増加と、宅配業者の人手不足や残業も問題視されているため、実は【物流】【業務改善】のニーズも求人としては高まっています。 手軽にネットで購入できる反面、セキュリティ強化を目指すべく、「クレジットカードの決済システムの入れ替え」やそもそも「楽天Edy」「アマゾンポイント」「ApplePay」など支払いの多様化に向けた仕組みづくりも急務です。そのため、引き続き各種エンジニア(特にスマホ決済なども可能にすべくiOS/Androidエンジニア)はニーズが非常に高くなっています。