業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

製造業(メーカー) 特集

  • 2019年10月01日 総合電機 家電 電子部品・半導体

    車載関連が今後の成長エンジン

    パナソニックは、創業100周年で新たなスタートをきる (出所:パナソニック) パナソニックの前身となる松下電気器具は1918年の創業で、2018年度は同社にとって創業100周年となる年であった。近年の同社業績を振り返ると、11年度、12年度には薄型テレビの販売不振などで純損益は2期連続で7,500億円以上の赤字を計上したが、その後構造改革と財務体質の改善を進め、18年度には車載電池事業など高成長事業が業績をけん引し、売上高は8兆円、営業利益は4,100億円、純利益は2,841億円まで膨らんだ。 今日のパナソニックのビジネスは、アプライアンス、エコソリューションズ、コネクティッ

  • 2019年04月11日 総合電機 家電 電子部品・半導体

    電気・電子・半導体メーカーの最近の動向

    エレクトロニクス関連企業の2018年4-9月期業績は増益率が約90%になり、強さが目立った。エレクトロニクス業界はグローバルに事業を手掛ける企業が多く、海外景気の堅調さが業績に現れた。 電機大手8社(日立製作所、三菱電機、富士通、シャープ、東芝、日本電気(NEC)、パナソニック、ソニー)のなかでは日立製作所とソニーが特に好調。 日立製作所は、18年4-9月期の純利益が前年同期比20%増の1,929億円となった。情報・通信システム事業や社会・産業システム事業、建設機械事業などが業績をけん引した。 ソニーは不振だったエレキからゲームなどに主力事業を切り替え、18年4-9月期純

  • 2019年03月28日 総合電機 家電 機械・精密機器

    自動車電装化の流れが収益機会を創出へ

    18年3月期は各サブセクターとも収益が順調に拡大 総合電機大手4社(日立製作所:6501、三菱電機:6503、日本電気:6701、富士通:6702)合計の2018年3月期営業利益は前期比25.9%増となり、19年3月期の期初予想は同1.9%減益となっている(日立製作所は調整後営業利益)。18年3月期は世界的な景気の拡大や構造改革効果などを背景に各社ともに増益決算となったが、19年3月期は強弱が分かれるとみられている。 民生用エレクトロニクスでは、ソニー:6758、パナソニック:6752ともに18年3月期は大幅増益を達成し、とりわけソニーは20年ぶりに過去最高益を更新した。為替の円安メリット

お勧めの業界

  • リノベーション・リフォーム

    リノベーション業界のフィールドである「中古住宅流通市場とリフォーム・リノベーション市場」は、政府も倍増を掲げているため、国もバックアップする業界として今後著しい成長が期待されます。また、「リノベーション」という言葉の消費者認知度の高まりとともにリノベーションを検討される方が増加しており、リノベーション会社の採用意欲・採用ニーズが高まっております。 リノベーションの実例としても、例えば少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。一方で、一般の方が「リノベーション」に触れる機会や知る機会はまだ少なく、リノベーション業界の仕事の中身も知られていないという現状もあります。成長業界にて自身の可能性を試してみてください。

  • 信用組合・金庫

    Fintechは銀行にとって業務の効率化にも繋がりますが、脅威にもなる存在です。Fintechを活用し今まで人がやっていた業務をITに任せることによって、効率化できますが、その分人は必要ではなくなります。また、今まで銀行とは関係の無い業種の銀行業への新規参入が進むと言われています。

  • 電子部品・半導体

    電子部品・半導体メーカーは多様な業種への国内外への販売が好調ということもあり、営業、エンジニア、管理部門まで幅広い職種で採用を強化しています。業界未経験での採用も積極的です。ただ、営業では、販路拡大に伴う特定のエリアや顧客での経験、エンジニアは開発・設計部門は勿論、工場の自動化に伴う生産技術の経験、管理部門はグローバル化が進む中での海外の知見がある方をより強く求める傾向があります。海外に拠点を保有している企業も多く、独自の高い技術力を持っている企業も多いため、グローバルに活躍したい方や最先端の技術を身に着けたい方にはお勧めです。また、給与水準も高く、福利厚生も手厚く、有給休暇取得率も高い企業が多いです。