業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

医療・医薬品 特集

  • IQVIAジャパンは、米国を本拠にグローバルにライフサイエンス分野のデータ、テクノロジー、分析力、専門知識を駆使してソリューションを提供するIQVIAの事業を日本で展開している。IQVIAグループは、グローバルに58,000人の社員を擁し、100以上の国と地域で事業を行っている。2019年にはフォーチュン誌の『世界で最も賞賛される企業』にも選出されており、ライフサイエンス領域でのサービス・ソリューションプロバイダーとしてのグローバルリーディングカンパニーである。日本では、CRO事業(開発業務受託機関)とCSO事業(医薬品販売業務受託機関)を主とするIQVIAサービシーズ ジャパン医療・ヘルスケ

  • CRO・SMO業界の最近の動向 (出所:日本CRO協会) CRO市場は2017年までの10年間に2倍弱に膨らみ、現在も拡大が続いている。市場拡大の背景としては、製薬会社が新薬開発をスピーディーに効率的に行う必要が増している点が挙げられる。国の医療費抑制方針の下、ジェネリック薬品のウェイトは年々高まっており、製薬会社は収益拡大のために新薬開発を急ぐ必要性に迫られている。 CROとはContract Research Organizationの略で、新薬開発に必要なプロセスのなかで、製薬会社に代わって臨床試験を行う機関のことである。SMOはSite Management Or

  • 2019年05月08日 CRO・SMO

    CRO・SMO業界の最近の動向

    ■CROとは「Contract Research Organization」の略で、新薬開発に必要なプロセスのなかで、製薬会社より依頼を受けて臨床試験を行う機関を指す。そしてSMOは「Site Management Organization」の略で、この臨床試験に関わる医療機関側の業務を支援する機関のことである。■CROとSMOは、それぞれ臨床試験における製薬会社および医療機関の業務サポートであり、プレーヤーは重なるケースが多い。CRO業界の主な企業としては、シミックホールディングス、EPSホールディングス、および外資系のIQVIAサービシーズジャパン、パレクセル・インターナショナルが大手4社

お勧めの業界

  • 広告

    広告業界は商社やマスコミ等と同様に日系企業の中でも非常に人気のある業界。華やかなイメージを持たれることも多い業界ですが、地道な業務も非常に多く、クライアントの注文内容が途中で変わる等、振り回されるようなことも少なくありません。 ただし、自分の関わったものが世の中に出ていくようなところには大きなやりがいを感じられる仕事で、実力次第では高収入(トップ企業では平均年収1000万円超え/業界の平均年収は650万円程度)を得ることもできます。将来的に企業の広報やマーケティング等の仕事に就いていきたいと考えているような人にはステップアップの環境として広告業界は登竜門とも言え、自分の力を試していきたいと考える人にはお勧めできる環境です。

  • エステ・美容・理容

    店舗スタッフ、カウンセラー、トレーナーの人材不足が目立っている業界です。 事業拡大において、人材採用は重要な経営課題となっています。人材確保のための採用担当者の強化や、採用・雇用方法の柔軟な対応が今後、重要になってくると想定されます。人材採用と同様に出店開発においても重要な経営方針とされているので、出店開発に関わる求人も増加しています。 フィットネス業界については、健康志向、健康経営のニーズの高まりから、更に業界は拡大して、業態の変化が起こると想定されます。法人や官公庁との提携や、新規事業、サービス拡大も考えられます。 また、来店型のビジネスですので、店舗での商品販売の強化や、プライベートブランド開発の求人も、増加傾向にあります。

  • 投資会社(VC)

    ベンチャーキャピタル(VC)、プライベートエクイティファンド(PE)、不動産ファンドなどの投資会社は、それぞれ高い専門性を要求されるやりがいのある仕事と言えます。ベンチャーキャピタル(VC)、プライベートエクイティファンド(PE)は、共に企業評価ができる財務会計の知識が必要であり会計士の資格を持った方やコンサルティングなどで企業経営に関わってこられた経験をお持ちの方が必要とされます。不動産ファンドでは、不動産経営や不動産ファイナンスなどの知識や経験を駆使して不動産価値を向上させてきた経験が求められます。どれをとっても知識と経験が求められるものであり、それなりの知識と経験が無いとご応募自体が難しい職種と言えます。