業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

マスコミ・広告 特集

  • 2019年08月13日 テレビ・放送 新聞・出版・印刷 アート・芸能 広告 その他

    メディア・広告・出版・印刷関連業界の動向と業界の注目企業「UUUM」

    メディア・広告・出版・印刷関連業界の最近の動向 TVメディアへの国内広告出稿費は近年1兆9,500億円前後で推移しており、これに合わせTV局各社の売上高もほぼ横ばいで推移している。 電通では2019年の世界広告市場成長率について3.8%増を予想している。地域別の内訳は日本が0.6、EMEA(欧州・中東・アフリカ)が3%、アメリカが3.6%、APEC(日本を除くアジア太平洋)が6%伸びることを予想している。 電通は市場の成長が期待できる海外での事業展開に注力しており、重要視する経営指標である売上総利益ベースで、18年12月期には海外事業構成比が60.4%にまで高まっている。 博報堂D

  • 2019年03月01日 テレビ・放送 新聞・出版・印刷 広告

    環境変化に伴い周辺分野への事業展開が不可欠に

    広告業界は博報堂DYのシェアが上昇傾向広告業界トップである電通の2017年12月期業績は、売上高こそM&A効果で伸びたものの、国内事業が減益となって、営業利益は横ばいにとどまった。為替やM&Aの影響を除いたオーガニック成長率(内部成長率)は、EMEA(欧州・中東・アフリカ)が上昇した一方、国内、Americas(米州)、APAC(アジア太平洋)は低下。単体の業務区分別では、インタラクティブメディア(双方向型メディア)が伸びたものの、主力のテレビ、新聞などの売上が減少した。業種別では、最大ユーザーとなる情報・通信は伸びたが、流通・小売業、外食・各種サービス、官公庁・団体などの落ち

お勧めの業界

  • 冠婚葬祭

    【冠婚】人口減少、結婚率低下の影響で、市場は縮小傾向にあり、各社顧客獲得、サービス差別化、新規事業立案などの求人が増えている印象です。一方で、晩婚化に伴い、一件あたりの単価が上がっているようです。従来の「結婚式」よりも、個々にあった式が求められるようになってきており、リゾート、海外挙式ぐ拡大してきています。 自社集客力強化のため、WEBマーケティング分野での求人増も目立っています。 【葬祭】今後十数年先は市場拡大予測です。高齢社会に伴い、顧客は拡大。葬儀場を持つ企業は、施設の新設等進めているため、店舗開発関連のニーズもより増えていくことが想定されます。「死」は準備が出来ない突然の不幸だったものが「終活」の影響で、事前に準備できるものとなり、新たな市場拡大、関連する求人増も見込まれる業界です。

  • 外食・フード

    市場規模25兆円と巨大産業の外食業界。AIやICTによって様々な職業が消えると言われている昨今、確実に50年後も残る稀有な業界です。長時間労働、低賃金、年間休日数少など労働環境が悪いイメージがありますが、そちらも改善が進んでおります。 6次産業での地方創生、インバウンドなどのグローバル化が進んでおり、遅ればせながらIT化も徐々に始まりました。弊社は飲食専門チームがありますので各企業ごとの詳細な情報、選考ポイントなどの蓄積がございます。 まずはお話を聞いていただき、ご自身の目でしっかり確認ください。

  • 住宅・ハウス

    人口減少に伴い厳しいと言われている住宅業界。政府が推し進める2つの政策「住宅の省エネ基準義務化」「住宅ストック市場の推進」が今後の成長を促す大きなヒントとなるでしょう。消費エネルギー量ゼロの住宅「ZEH」の展開と、既存住宅のリフォームやリノベーションによる販売など、新築住宅だけにこだわらない新たなビジネスモデルの展開が求められています。また住宅においてもIOT化が進んでおり、例えば大和ハウスでは、現在IOT化に向けた情報基盤作りを進めている最中です。同社が手掛けるつくば市の戸建住宅では、音声認識ロボット、家電の遠隔操作、住宅システムの遠隔保守などの運用も進められています。IOTがこれまでのスマートハウスに加わることで、どのような変化がもたらされていくのか、今後も注目されていくでしょう。そして、大前提として居住者が居なくなることは無いため、広い意味での「住まい」が無くなる事はありません。衣食住の一つである「住まい」をこれからも守り続けていきましょう。