業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

物流・倉庫・交通 特集

  • 2019年11月13日 運送・配送 海運・空輸 航空・鉄道

    ANA VS JAL 海外路線拡大で成長図る

    反転攻勢のJAL 内航空大手2社ANAホールディングス、日本航空の業績は堅調に推移している。2019年3月期業績に関しては、ANAHDは初めて売上高が2兆円を超え、営業利益は4期連続で最高益を更新した。JALに関しても増収増益を実現した。19年3月期と12年3月期の売上高を比較した時の増収率はANAが45%、JALが23%である。下記の業績推移を示したグラフからもANAの方が成長の勢いが強いことがうかがえる。 (出所:決算短信をもとにフィスコ作成)(出所:決算短信をもとにフィスコ作成) この成長率の差の背景にあるものとしては「8.10ペーパー」が挙げられる。JALは2010年

  • 2019年08月21日 運送・配送 海運・空輸 倉庫 航空・鉄道 その他

    運輸・倉庫・物流・交通の動向と業界の注目企業「東海旅客鉄道」

    運輸・倉庫・物流・交通の最近の動向 日本通運は、総合物流の最大手。航空輸送の需要が高水準で推移しており、2019年3月期の純利益は過去最高を更新する見通しとなっている。 ヤマトホールディングスは、宅配業界の最大手。ネットショッピングの拡大により、宅配需要は増加が続いている。宅配料金の値上げ等で19年3月期の営業利益は前期比約2倍の670億円が見込まれる。 SGホールディングスは、佐川急便グループの純粋持株会社。佐川は宅配にて国内2位となる31%のシェアを有す。値上げの浸透、また働き方改革の取り組みによる時間外労働の短縮、定着率の向上により、19年3月期も2桁増益が期待される。 AN

  • 2019年06月27日 運送・配送 海運・空輸 倉庫 航空・鉄道

    運輸・倉庫・物流・交通の最近の動向

    ■日本通運の2018年4-9月期売上高は半期ベースで初めて1兆円を突破。営業利益以下の各利益も過去最高を更新した。国内は自然災害の多発による影響があったものの、日本発の航空輸出需要の好調などが業績のけん引役となった。人手不足の深刻度が増すなかで、顧客との運賃・料金の改定交渉を進めている。当初計画では年間80億円の改定効果を目標にしていたが、上期で55億円の効果があり、通年での目標を120億円に引き上げた。■ヤマトホールディングスの18年4-9月期営業利益は234億円となり、前年同期(128億円の赤字)から大幅に収支が改善。荷受け抑制で外部委託の割合が縮小し、費用が減少した。法人顧客の運賃引き上

お勧めの業界

  • 食品・飲料

    基本的には大量採用ではなく、専門性や即戦力性を求めた採用が多いマーケットです。個人消費の多角化が進み、カテゴリ・商材の展開が求められる中、各社が商品展開強化に努める印象があります。比例して発生する求人としては営業、マーケティング、商品企画は多く、それに加えて食品衛生の国際基準化に伴う品質管理・品質保証などの求人が増加傾向にあります。 とはいえ、安定性と定着率の高さを誇る業界である事から、特に日系企業はジョブホッパーを嫌う傾向は他業界よりも強く、長期定着を前提とした活躍を期待した採用を行う企業が多いです。 今後の事業展開やマーケットシェア、商品力や海外展開など、各社の中長期戦略も変わる為、営業であれば業界内人脈や本部商談経験、海外販路拡大経験など、企業が求める事業拡大方針に合わせて「即戦力」となるスキルアピールが必要です。

  • ゲーム・玩具

    ゲーム業界は、スマホの普及と共に成長をしてきました。スマホ市場が飽和してきた今、今後の発展はゲームのクオリティがより求められます。 ユーザーのニーズ、市場のトレンドを明確に理解する能力が求められます。日頃から、流行に目を向けることが大切だと思います。 今後は少子化などから国内での減収が見込まれるため、将来的な課題は多く存在していますが、海外などを視野にさらに売上を伸ばせる業界だと思われます。

  • 組織・人事系

    自社側の人事職と比較される事が多いですが、人事コンサル職は、様々な会社の組織課題を解決できるため、人事領域における幅広い経験を積む事が可能です。業界経験がなくても、営業のご経験があれば、挑戦可能な求人もあります。 幅広い業界の企業様へのコンサル業務を実施する為、業界の知識や専門知識を習得する事が求められます。トレンドに敏感で且つ、新しい知識を習得する事が得意な方、お好きな方にはピッタリです。 論理的思考力とコミュニケーション力が求められます。仮説と検証を繰り返し結果を残す事がミッションになりますが、その過程にはクライアントの担当者は勿論、多くの方と関わりながら業務を遂行します。全体を見渡しながら業務を進める力も必要です。