業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

金融・保険 特集

  • 異次元金融緩和の下、稼げない状況続く銀行大手銀行5行(三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラストホールディングス)と、上場している地方銀行78行の2019年3月期当期純利益合計は前期比19.5%減の約2兆9000億円となった。大手銀行5行の当期純利益は前期比24%減少大手銀行5行のみでみると、当期純利益は前期比24%減の2兆449億円だった。特にみずほFGの純利益は83.3%減の965億円にまで減少した。店舗や次期勘定系システムの減損処理などで約6900億円の損失を計上したことが響いた。貸し出し業務な

  • 銀行業界の最近の動向 5大銀行グループ(三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友トラストホールディングス、りそな銀行)の2018年4-12月期合算実質業務純益(銀行などが本業で得た利益から特殊要因を取り除いたもの)は前年同期比8%減少した。世界的な株安や債券相場の乱高下をうけて、市場部門が振るわなかった。 19年3月期当期純利益については5社のうち三井住友トラストのみが増益を予想している。同社については18年4-12月期実質業務純益も前年同期比6%増加した。国内預貸収支の改善が継続し、外貨余資運用益を加えた「実質的な資金関

  • 2019年04月22日 銀行 信用組合・金庫

    銀行業界の最近の動向

    ■3メガバンク(三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ)の2018年4-9月期純利益はそろって増益となった。しかし、増益の主要因は融資先の業績が回復し、貸倒引当金が必要なくなる「戻り益」や政策保有株式の売却で、収益環境の厳しさは続くとみられる。本業の儲けを示す業務純利益は3メガバンク合計で前年同期を下回った。日本銀行の異次元の金融緩和により超低金利が続き、貸出により利息が稼げない状態が続いている。■三菱UFJ銀行と三井住友銀行は、2019年前半にもATMを相互開放する方針を固めた。預金者は両行のATMで平日の日中に現金を引き出す際の手数

お勧めの業界

  • ゲーム・玩具

    ゲーム業界は、スマホの普及と共に成長をしてきました。スマホ市場が飽和してきた今、今後の発展はゲームのクオリティがより求められます。 ユーザーのニーズ、市場のトレンドを明確に理解する能力が求められます。日頃から、流行に目を向けることが大切だと思います。 今後は少子化などから国内での減収が見込まれるため、将来的な課題は多く存在していますが、海外などを視野にさらに売上を伸ばせる業界だと思われます。

  • 社会保険労務士事務所

    近年、どの企業でもインターネットを導入しており、不明なことはすぐに調べることが可能な時代となりました。例えば、労務関係の手続きで不明なことがあれば、専門家である社会保険労務士に相談しなくても、担当者がネットで調べれば、すぐに解決出来るケースが増えてきました。さらに、給与計算などの専用ソフトが広く普及したことにより、パソコン上に数字を打ち込むだけで簡単に計算が出来ることが一般的になりました。社会保険労務士はこのような背景から、書類を調べて手続きを代行するだけではなく、労務や保険に関する複雑なケースへの対応が期待されています。これらの分野は法改正も多いため、一般人が最新情報を追い続けるのは、非常に困難になっており、社会保険労務士の活躍が期待されます。

  • 学校施設

    学校関係の職務として一番イメージが湧くのが、【学校事務】だと思いますが、実は学校事務と言っても配属される部署により求められるスキルは様々です。就職課・教務課・人事課など複数のポジションが想定できますので、ご自身の強みを生かせる職務内容なのか?をしっかり確認する事が重要です。また、学校事務関係の求人は、通期で募集をされる事がなく、欠員や増員のタイミングの時のみ公開されます。 人気が集中する求人となりますので、少しでも興味を持つことができ、且つスキルを活かせる職務であれば、チャンスを逃す事がない様、積極的に応募をされる事をお勧めします。雇用形態が契約社員や準社員として募集をされるケースが多く、正社員や正職員での採用は非常に稀です。学校関係業務を目指される方は、雇用形態への優先順位は下げた方がチャンスは広がると思います。