業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

マスコミ・広告 特集

  • 2019年08月13日 テレビ・放送 新聞・出版・印刷 アート・芸能 広告 その他

    メディア・広告・出版・印刷関連業界の動向と業界の注目企業「UUUM」

    メディア・広告・出版・印刷関連業界の最近の動向 TVメディアへの国内広告出稿費は近年1兆9,500億円前後で推移しており、これに合わせTV局各社の売上高もほぼ横ばいで推移している。 電通では2019年の世界広告市場成長率について3.8%増を予想している。地域別の内訳は日本が0.6、EMEA(欧州・中東・アフリカ)が3%、アメリカが3.6%、APEC(日本を除くアジア太平洋)が6%伸びることを予想している。 電通は市場の成長が期待できる海外での事業展開に注力しており、重要視する経営指標である売上総利益ベースで、18年12月期には海外事業構成比が60.4%にまで高まっている。 博報堂D

  • 2019年03月01日 テレビ・放送 新聞・出版・印刷 広告

    環境変化に伴い周辺分野への事業展開が不可欠に

    広告業界は博報堂DYのシェアが上昇傾向広告業界トップである電通の2017年12月期業績は、売上高こそM&A効果で伸びたものの、国内事業が減益となって、営業利益は横ばいにとどまった。為替やM&Aの影響を除いたオーガニック成長率(内部成長率)は、EMEA(欧州・中東・アフリカ)が上昇した一方、国内、Americas(米州)、APAC(アジア太平洋)は低下。単体の業務区分別では、インタラクティブメディア(双方向型メディア)が伸びたものの、主力のテレビ、新聞などの売上が減少した。業種別では、最大ユーザーとなる情報・通信は伸びたが、流通・小売業、外食・各種サービス、官公庁・団体などの落ち

お勧めの業界

  • 土木

    土木業界は、社会インフラを支える業界。 道路やトンネルの整備から鉄道・橋の設立、防波堤設置、河川整備など。日本の技術力は高く、発展途上国・開発途上国のインフラ整備にも寄与している会社も多いです。職人の高齢化や若手の業界離れから人手不足が深刻な状況が続いていますが、非常に重要性の高い業界であり、今後も「耐震補強や改修工事」など需要が半永久的に続く業界です。工事の内容によっては夜間を余儀なくされることもあり、働き方改革や従業員確保が急務な課題となっていますが、上記のような社会インフラを守る正義感、社会的意義、モノが完成する達成感などを感じる人も多数いらっしゃいいます。業界離れを防ぎ、新規人材の流入となるよう、IT化と人の技術力の融合や継承が進むことを期待する業界であり、今後の面白みもある業界です。

  • ハードウェア

    リーマンショックから10年。業績的には完全に立ち直ったメーカーが多く、会社としては中途採用に非常に意欲的です。大手各社の大半は100名以上の中途採用計画を立てているので、転職にはここ数年ないくらい絶好のチャンスと言えます。

  • 不動産金融・ファンド

    不動産ファンド業界は少数精鋭で運用している企業が多いため、通年採用・複数名採用を行っている企業は多くありません。また、財閥系やデベロッパー系などの企業であれば出向者も多いため、親会社の事情に左右されずに中長期的に会社の中心として活躍いただける方を求める企業が多くあります。そのため、20代~30代前半の層をターゲットしている企業が多く、中には全くの未経験の方も対象として募集している企業もあります。 30代中盤以降となると、基本的には同業スライドて移っていくケースが多いですが、その他には信託銀行や不動産鑑定事務所から転職していく方もいます。「不動産証券化マスター」や「不動産鑑定士」といった資格を持っておくと、転職の際に有利に働く事もあります。