業界一覧

あなたの気になる業界の動向を見てみる

商社 特集

  • 2019年12月05日 総合商社

    総合商社各社の強みは千差万別

    19年3月期は7社中6社が最高益を更新 大手総合商社7社の2019年3月期純利益は合計で2兆2,597億円となり、18年3月期純利益合計2兆855億円と比較し8%増加し、三井物産を除く6社が最高益を更新した。 資源関連ではエネルギーが増益をけん引した。原油価格が1バレル=56ドル(18年3月期)から1バレル=69ドル(19年3月期)(ドバイ原油ベース)に大幅に上昇したことが主な要因。一方、各社の金属資源セグメント純利益は、実質ベースで概ね横ばいとなった。鉄鉱石価格は1トン=61ドル(18年3月期)から1トン=64ドル(19年3月期)(FOBスポット価格ベース)、原料炭価格は1トン=204

  • 総合商社の最近の動向 三菱商事、伊藤忠商事、丸紅の3社は、2018年4-12月期純利益が過去最高を更新した。三井物産・住友商事も19年3月期通期では純利益が過去最高を更新する見通しである。 三菱商事の4-12月期純純利益は前年同期比6%増の4421億円となった。液化天然ガス(LNG)事業からの受取配当金の増加やアジアでの自動車販売事業が好調だった。一方、同社が筆頭株主でプラント大手の千代田化工建設の経営状態が悪化しており、これに関係する損失と、またシンガポールに拠点を置く農産物商社オラム・インターナショナルへの減損を一過性損失として970億円計上している。 三井物産は、原油やガスなど

  • 2019年07月03日 総合商社 その他

    総合商社の最近の動向

    ■総合商社5社の2019年3月期純利益は揃って最高益を更新する見込み。原油や石炭など資源価格の上昇が追い風になっていることに加え、自動車や化学品など非資源分野の収益も拡大している。■伊藤忠の18年4-9月期の収益は前年同期比2.1倍の5兆4609億円となった。新会計基準の適用が主因。出資先の中国政府系企業、中国中信集団(CITIC)については株価の下落により1433億円を減損処理し損失計上すると発表したが、CITICの業績自体は順調で、将来的な回収の可能性はあきらめていないとしている。■三菱商事の18年4-9月期純利益(四半期利益)は前年同期比22%増の3093億円となった。液化天然ガス(LN

お勧めの業界

  • 通信販売

    ECプラットフォームの台頭で、苦戦している総合通販企業が多いです。総合通販大手が合併を進める中で、ベルーナは安定して売上・利益を伸ばしています。中高年を中心にカタログ通販の需要は残るとみており、上手く残存者利益を得ています。ネット販売で「リュリュ」で20代~30代女性を掴み、「ラナン」で40代女性向けを展開しています。カタログの顧客をネットに移行させても意味はないと考えて、各年齢層に適切なメディアでアプローチしている点が業績向上につながっています。

  • 自動車・輸送機械関連

    自動車産業は100年に一度の変革期と言われており、「電動化」「自動車運転」など、どんどん進化を続けており、これからも成長が見込まれる業界です。商社・自動車輸送機器関連企業に関しても、自動車業界の需要増加に伴い、グローバル展開を加速し、事業拡大と行っております。 採用に関しては、自動車業界の拡大に伴い継続的にニーズはございます。ただ、日本国内でビジネスが完結しない為、英語力を求める人材の採用を行う傾向がございます。グローバルに活躍をした人に関しては、異業界からの採用も積極的に行っています。 職種としては、営業、管理系、一部品質保証などご依頼を頂いております。上記したような企業として求められている多様性に対応すべく、企業の成長フェーズに応じて、これまでとは異なる採用のハードルを設けています。

  • リース・レンタル

    カード会社の分類によって、同業界内でも社風やビジネスモデルが異なる点は大きな特徴となります。銀行系や大手カード会社は福利厚生が手厚く、離職者も少ない環境のため、新卒採用中心で中途採用をあまり行っていないケースが多いです。一方でIT・通信系や新規参入企業はベンチャー企業が多く、中途採用を積極的に行っている会社が多い傾向です。特にデータ活用やWEBマーケティングに関する求人やエンジニア職が多い印象です。