日本たばこ産業株式会社のニュースフィード

2019年11月13日

ハウステンボスとJTが協業し、テーマパーク初のハイブリッド喫煙環境を整備!


低温加熱型の加熱式たばこのみ使用可能なスペースを新設し、本日11月13日より運用開始!

 日本たばこ産業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:寺畠 正道/以下「JT」)と、ハウステンボス株式会社(本社:長崎県佐世保市、代表取締役社長:坂口 克彦/以下「ハウステンボス」)は、ハウステンボス場内における喫煙環境の整備を、協業し実施しました。


 JTが製造・販売している低温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・テック」及び「プルーム・テック・プラス」のみ使用可能なスペースである「LOW HEAT SPOT」を場内10カ所に新設し、さらに、ハウステンボス場内8カ所の喫煙所を、施設の雰囲気と調和させ、範囲を明確にした喫煙所へと再整備した、ハイブリッドな喫煙環境の運用を、本日2019年11月13日(水)より開始します。

再整備後の喫煙所(写真左)と、低温加熱型の加熱式たばこのみが使用可能な「LOW HEAT SPOT」(写真右)



 ハウステンボスには、紙巻たばこを吸われる方、加熱式たばこを吸われる方、たばこを吸われない方と、多様なお客様が来場されています。ハウステンボスとJTは、全てのお客様に満足いただけるテーマパークを目指して、JTが有する喫煙所整備に関するノウハウを活用し、喫煙環境を整備することとなりました。

 JTは、これまで培ったノウハウを活かし、たばこを吸われる方・吸われない方の双方を考慮した空間造り、そして双方が共存できる社会の実現に取り組み続けます。


誰もが気持ちよく過ごせる場内の喫煙環境を目指して

◎喫煙所の整備について
[屋外]
1. 低温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・テック」及び「プルーム・テック・プラス」のみ使用可能なスペース10カ所を、既存の喫煙所付近、飲食ゾーン付近など、お客様にとって利便性の高いエリアに新設
2. 既存の喫煙所8ヶ所について、喫煙可能空間の仕切り方と景観を改善
[屋内]
現在、屋内全面喫煙可となっている場内の飲食店にて、法令に即した専用喫煙室の整備を開始
※2019年内の完成を予定

◎場内の喫煙環境MAP





ハウステンボスについて

 長崎県佐世保市に、1992年3月に開園したテーマパーク。土地面積は152万平方メートル で、中世ヨーロッパの風土、文化を忠実に再現した街並みを誇り、場内には、アトラクション、レストラン、ミュージアム、エンターテイメントが繰り広げられる劇場などの施設があり、ホテルや別荘の他、定住可能な住宅も建っています。
 花、光、ゲーム、音楽などを切り口とした数々のイベントが1年を通じて行われており、全国有数のテーマパークとして幅広い世代に支持されています。



<Ploom専用カスタマーサービス>
電話番号:0120-108-513
受付時間:9:00~22:00
休業日:12月30日~1月4日

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000031450.html