味の素株式会社

3.5 104reviews 東京都中央区京橋一丁目15番1号
クチコミを書く

味の素の社名にもなっている「味の素」という商品は、1908年に初めて昆布の「うま味」がグルタミン酸というアミノ酸の一種であるということを発見した池田菊苗博士が、このグルタミン酸を原料としたうま味調味料の製造方法を発明したことで誕生しています。そして当時日本人の栄養状態が悪かったため、改善したいという願いを共有していた二代鈴木三郎助が1909年に事業を始めたのが味の素の会社の始まりです。
この創業の時の志が原点となり、「おいしく食べて健康づくり」を現代までしっかり受け継ぎ、アミノ酸の可能性を探求すると共に食品、アミノサイエンス、医薬、健康分野で社会に貢献しています。今では国内だけではなく、世界35の国や地域で工場、会社を設立し、総勢3万人を超す従業員を雇う大企業へと発展してきました。
アミノ酸研究で培ってきた独自の先端バイオ・ファイン技術を軸にして、食品とアミノサイエンスの事業をグローバル規模で展開しています。

  • 売上1兆1,000億
  • 業績伸び率98.02%
  • 営業利益率4.4%
  • 業界シェア率--%
  • 平均年収955万
※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※業界シェア率:本企業売上÷対象業界売上合計値:Edinet公開企業(有価証券報告書を公開している企業)

従業員の評価

  • 総合評価 3.5 104reviews
  • 平均有給取得日数12.4
  • 平均残業時間25.0時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    3.4
  • ワークライフバランス
    4.0
  • 女性の働きやすさ
    3.8
  • 企業の成長性・将来性
    3.3
  • 給与・待遇面の満足度
    3.4
  • 経営陣の手腕
    3.0
  • 顧客志向度
    3.6
  • 自己成長環境
    3.4
  • 企業の安定性
    3.7
  • 事業の社会貢献実感
    3.6

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

最新のクチコミ

  • ワークライフバランス 4.0

    マーケティング全般 (現職 / 回答時) | 一般社員 | 正社員 | 新卒入社 | 2015年頃〜在籍 | 20代

    休みもそれなりにいただき午前で終わりもあったりと体を休める時間が結構あるので満足してました。 年間の総労働時間が決められているので、毎月の労働時間も設定されており、それ以上にならないように調節して勤務する。 残業代は、1分単位で支給されるが、残業し過ぎると歩合が下がり、給料に影響してくる。 頑張れば頑張るほど給料に反映されるが、怠ければその分給料は下がる。

    掲載日:2020年02月11日 回答者の他の評価内容を見る
  • 給与・待遇面の満足度 3.0

    法人営業 (現職 / 回答時) | 一般社員 | 正社員 | 新卒入社 | 2010年頃〜在籍 | 30代

    業績評価が有り、やればやるだけ評価は上がります。年2回のボーナスに反映されます。同僚内での個人評価も有ります。給料とボーナスは年功序列で年々あがっていく、その他会社独自の年金や持ち株制度などもあり安定を求める方にはもってこいの企業だと思う。扶養手当が頂けたらそこそこの年収になりますが仕事は細かくやることが多いいですボーナスも10年目ぐらいから100%になるのでそこまで頑張れれば。

    掲載日:2020年01月25日 回答者の他の評価内容を見る

ニュースフィード

企業概要

企業情報を修正する
  • 証券コード
    2802
  • 業界
    製造業(メーカー) - 食品・飲料
  • 決算期
    3月
  • 名称
    味の素株式会社
  • 代表者
    取締役社長 西井 孝明
  • 従業員数
    --
  • URL
    https://www.ajinomoto.co.jp/company/
  • 上場取引所
    東証 第一部
適職診断