三菱鉛筆株式会社のニュースフィード

2019年09月20日

ペン先に窓がある、はみ出し知らずの蛍光ペン『プロパス・ウインドウ』シリーズから、濃淡の異なる多彩な15色のカラーマーカー10月25日(金)新発売


文字書きに適した極細ペン芯を採用したツインタイプ

三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原英一郎)は、ペン先に窓がある、はみ出し知らずの蛍光ペン『プロパス・ ウインドウ』シリーズから、文字書きに適した極細プラペン芯を採用したカラーマーカー(単品:本体価格100円+消費税/5色セット:本体価格500円+消費税/全15色)を10月25日(金)より新発売いたします。


『プロパス・ウインドウ』シリーズ カラーマーカー 左から: ベーシックカラー、スモークカラー、ライトカラー
ペン先に窓がある「プロパス・ウインドウ」シリーズは、ラインを引きながら文字が見えるため、はみ出さずにきれいに線が引けるとご好評いただいています。当社のアンケート調査により、細字側での文字書きのニーズがあることがわかり、従来の細字(0.6mm)フェルト芯を、より細くした極細(0.4mm)プラペン芯に変更することで、より文字書き用途に適した仕様にいたしました。
さらに、インクの色は近年、ノートや手帳などで目立ちすぎない淡い色が好まれる傾向があるため、ニーズの変化に合わせた新色を追加いたしました。従来の『プロパス・ウインドウ』シリーズになかった、濃淡の異なる3種(発色の良いベーシックカラー、柔らかく優しい色のライトカラー、穏やかで落ち着いた色のスモークカラー)をそれぞれ5色ずつ全15色を展開いたします。従来の『プロパス・ウインドウ』シリーズを含め、同じ系統色も色相が異なるため、色の好みや蛍光の有無、用途に応じて使い分けをしていただけます。

【商品特長】
細く、文字書きに適した極細のペン先
文字を目立たせるマーキング用途の窓付きペン芯と、アンダーライン、文字書き用途にも適した極細タイプのプラペン芯のツインタイプです。
『プロパス・ウインドウ』シリーズはかねてより太字・細字両用のツインタイプで展開しておりますが、細字側では文字を書きたいというニーズがあることがわかりました。
そこで、従来の細字(0.6mm)フェルト芯を、より細くした極細(0.4mm)プラペン芯に変更することで、アンダーライン用途だけでなく、文字書き用途にも適した、マーキングペンとしても文字書き用のカラーペンとしてもお使いいただけるようになりました。
マーキング用途と文字書き用途で新商品を使用したノートのイメージ

■好みや用途で選べるカラー15色をラインアップ
近年、ノートや手帳などで使用される色は、目立ちすぎず、蛍光色の弱い淡い色が好まれる傾向があります。インク色にはユーザーの使用用途の変化に合わせた新色として、発色が良くはっきりとした色のベーシックカラー、柔らかく優しい色のライトカラー、穏やかで落ち着いた色のスモークカラーの3種をそれぞれ5色ずつ全15色を展開いたします。
従来の『プロパス・ウインドウ』シリーズを含め、同じ系統色も色相が異なるため、色の好みや蛍光の有無、用途に応じて使い分けをしていただけます。

ペン先に窓があるから、はみ出さない!
「プロパス・ウインドウ」シリーズの特長である窓付きペン芯を採用し、ラインを引きながら文字が見えるため、線を引きたいところからはみ出さず、きれいにマーキングできます。

【商品概要】
商品名:プロパス・ウインドウ
品 名:PUS-103T
インク色:レッド、ピンク、グリーン、ブルー、ブラック、スモークレッド、スモークオレンジ、スモークグリーン、スモークブルー、スモークグレーライトピンク、ライトイエロー、ライトグリーン、ライトブルー、ライトバイオレット
筆記線幅:4.0mm(太字)/0.4mm(極細)
価 格:1本 本体価格 100円 + 消費税

商品名:プロパス・ウインドウ 5C
品 名:PUS-103T 5C(ベーシックカラー)/PUS-103T 5C2(ライトカラー)/ PUS-103T 5C3(スモークカラー)
インク色:
ベーシックカラー:レッド、ピンク、グリーン、ブルー、ブラック
ライトカラー:ライトピンク、ライトイエロー、ライトグリーン、ライトブルー、ライトバイオレット
スモークカラー:スモークレッド、スモークオレンジ、スモークグリーン、スモークブルー、スモークグレー
筆記線幅:4.0mm(太字)/0.4mm(極細)
価 格:5色セット 本体価格 500円 + 消費税


<2019年 三菱鉛筆のプレスリリース一覧はこちら>
https://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/2019.html

製品に関するお問合せは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。
TEL 0120-321433

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000028890.html