キヤノン株式会社のニュースフィード

2020年04月21日

業務用17型4Kディスプレイ「DP-V1710/DP-V1711」を高輝度化 新たなファームウエアの有償アップグレード対応を開始


キヤノンは、業務用4Kディスプレイ2製品(DP-V1710/DP-V1711)を対象に、高輝度化を実現するファームウエア(※1)の有償アップグレード対応を2020年6月下旬に開始します。これにより、HDR化が進む映像制作現場のニーズに応えます。


DP-V1710/DP-V1711
今回、ファームウエアを提供する業務用17型4Kディスプレイは、6G-SDI端子搭載の「DP-V1710」(2017年2月発売)と、12G-SDI端子搭載の「DP-V1711」(2018年4月発売)の2製品です。4Kの高画質性能を持ち、映像制作に求められるHDR表示に必要な各種規格や方式に対応しながら、持ち運びが可能な小型サイズを実現し、撮影現場や放送局、中継車などで活用されています。

映像制作業界では、HDR化の流れに伴い、映像の最終画質確認を行うリファレンスディスプレイのみならず、撮影現場で用いられる小型・軽量のディスプレイにおいても、高輝度化のニーズが高まっています。こうした背景から、キヤノンは業務用17型4Kディスプレイ「DP-V1710/DP-V1711」を対象に、最大輝度が向上するアップグレードライセンス(有償)を提供します。

今回の新たな有償アップグレードを適用することで、ディスプレイに「ブースト(コントラスト)」設定が追加され、「オン」選択時(※2)に最大・全白輝度が300cd/m2から1,000cd/m2(※3)に向上します(※4)。また、「オフ」選択時はローカルディミング制御となり、最大・全白輝度が300cd/m2から600cd/m2(※3)に向上します。これにより、高輝度部の階調表現力が向上し、明るい撮影現場、スタジオや中継車などで高輝度の映像を確認する際に役立ちます。

今回の有償アップグレード対応により、最大・全白輝度2,000cd/m2を実現した31型の「DP-V3120」(2019年11月発売)から、17型の4K/HDRディスプレイまで、31型、24型、17型の4K/HDRディスプレイのラインアップでHDR映像制作に関する規格や運用ガイドラインで定められている1,000cd/m2を満たす高輝度(最大・全白輝度)を実現し、撮影から編集まで4K/HDR映像制作のワークフローを強力にサポートしていきます。

キヤノンは今後も、ファームウエア提供により既存製品の機能を向上・拡充し、ユーザーの利便性を高めていきます。

※1 製品本体を制御するためのソフトウエア。
※2 バックライトの発光量を画面全体で制御するグローバルディミング制御となります。
※3 輝度値は、AC電源駆動時の標準値で保証値ではありません。
※4 2018年6月に提供した有償アップグレードを適用済みの場合は、「ブースト(コントラスト)」設定が追加済み。今回の有償アップグレードの適用により、「オン」選択時に最大・全白輝度が600cd/m2から1,000cd/m2に向上。
* 詳細については、キヤノンのディスプレイホームページをご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000567.000013980.html