キヤノン株式会社のニュースフィード

2020年10月14日

「観る」と「撮る」を一体化した望遠鏡型カメラ“PowerShot ZOOM”を発売 手のひらサイズに焦点距離100mm/400mm相当の光学ズームを搭載


キヤノンは、スポーツ観戦やバードウォッチング、旅行、子どものスポーツ応援など、さまざまな場面で「観る」ことを楽しみながら、好きな瞬間を「撮る」ことを可能にする新コンセプトの望遠鏡型(※1)カメラ“PowerShot ZOOM”を2020年11月中旬に発売します。


PowerShot ZOOM


さまざまな場面で「観る」と「撮る」を一体化


“PowerShot ZOOM”は、双眼鏡やデジタルカメラ、ビデオカメラの特長を組み合わせ、1台で「観る」と「撮る」を楽しむことができる新コンセプトの望遠鏡型カメラです。本発表に先立ち、株式会社マクアケが運営する応援購入サービス「Makuake」では、開始から約6時間50分で予定していた1,000台の購入予約を達成しました。

■ 「観る」と「撮る」を一体化した新コンセプトの望遠鏡型カメラ
「観る」と「撮る」を一体化した新しいコンセプトのカメラで、焦点距離100mm/400mm/デジタルズーム800mm相当(※2)の超望遠撮影機能を備えています。焦点距離切り換え時に滑らかに追従するAFやレンズシフト方式の手ブレ補正により、「観る」と「撮る」の両方を快適に楽しむことができます。

■ 気軽に持ち歩ける小型・軽量ボディー
焦点距離400mm相当の超望遠領域を備えながら、気軽に持ち運べるよう小型・軽量設計を追求し、質量約145g(※3)の手のひらサイズを実現しています。さらに、即座に操作しやすいよう、利き手を問わず片手でも握りやすい形状を採用しています。

■ 「観る」と「撮る」を快適に実現する操作性と通信性能
3種類の焦点距離を瞬間的に切り換える「瞬間ステップズーム」を備え、ボタン一つでズームの切り換えが可能です。また、スマホと連携(※4)することで、スマホに表示されたライブビュー映像を見ながら、静止画を撮影することができます。





※1 夜間や暗いシーンでの撮影、星空などの天体観測では適していないシーンがあります。
※2 35mm判換算。
※3 質量はカードを含む。バッテリー内蔵。CIPAガイドラインに準拠。
※4 キヤノン専用アプリケーション「Camera Connect」のインストールが必要。接続には事前にカメラとスマホをペアリングしておく必要があります。リモートライブビュー時に動画撮影はできません。また、通信環境により、リモートライブビュー映像に遅延が発生します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000621.000013980.html