本田技研工業株式会社のニュースフィード

2020年07月30日

N-BOX・N-WGNの抗ウイルス・抗アレル物質シートがオフィスチェアになって発売


Honda軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」「N-WGN(エヌワゴン)」のシートに使用している「アレルクリーンプラス」生地を使ったオフィスチェア・ミーティングチェア計5種が株式会社内田洋行より本日発売されます。




アレルクリーンプラスはHondaが独自開発した抗ウイルス・抗アレルゲンの機能を持つ生地であり、自動車向け生地ならではの耐摩耗性や燃えにくさ、色褪せのしにくさを兼ね備えた素材です。
品質とデザインを両立した車のシート素材をオフィス家具へ採用することは極めて稀なことです。
働き方においてもニューノーマルがますます求められる中、オフィスでの安心感を高め、心地よく働ける環境づくりに貢献します。

アレルクリーンプラスの効果

・アレルゲン物質(ダニ・スギ花粉)低減
・インフルエンザA型ウイルス低減
※病気の治療や予防を目的とするものや、ウイルスの働きを抑制するものではありません。
 試験方法:ISO18184(ウイルス株 ATCC VR-1679<エンベローブ有>を使用





テスト結果  

※ 出典:Honda社内実車測定




アレルクリーンプラスシート 座面写真



「アレルクリーンプラス」をオフィスチェアへ採用した背景

内田洋行では、2012年より、働き方変革のコンセプト「アクティブ・コモンズ」を提唱しています。これは、自らが業務に応じて最適な機能と場所を選択する考え方で、組織を越えてコミュニケーションを図ったり、自律的に集中したり、他者との情報共有をはかって業務スピードを上げるなど、オフィスワーカーが自在に働く場を選び、個の能力を高める考え方です。
2016年以降、自席ではなく、オープンスペースで多数の人が集いながら様々なデスク、チェアを共有する環境が増加しており、「アクティブ・コモンズ」推進に向け、オフィス製品に応用できる抗ウイルス機能や花粉症に効果的な新素材を探していました。
こうしたなかでHondaのアレルクリーンプラスと出会い、クルマのシート素材をオフィス家具に転用するための情報開示を両社で行いました。アレルクリーンプラスの機能性をオフィス家具の開発基準に活かすための試作や検査を繰り返し、このたび内田洋行のオフィスチェア・ミーティングチェアラインアップのなかでも主力製品での採用・商品化が実現しました。


アレルクリーンプラスシート採用オフィスチェア・ミーティングチェア5種

※価格はすべて税別
Elfie(エルフィ)¥69,500~、KRENE(クレネ)¥57,700~
FLPネスティングタイプ ¥63,000、FM345 ¥42,000~、Blume(ブルーメ)¥52,200~
内田洋行商品ウェブサイトhttps://office.uchida.co.jp/products/acp/
Elfie
KRENE
FLPネスティングタイプ、FM-345、Blume



Honda Nシリーズ

Hondaの「乗るところは十二分に、エンジンはコンパクトに」という「MM(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)思想」を開発の基本に据え、「軽自動車」らしからぬ軽快な走り、先進の安全運転支援システム、広い室内空間を兼ね備えた、様々な日本の人々の生活を豊かにすることを目指したクルマです。

N-BOX


N-BOX Custom

N-BOX / N-BOX Custom
お子さまのお世話がラクにできて、会話のはずむ楽しい室内空間も生み出すスーパースライドシート仕様や、車いすのまま乗り込める広々とした空間が簡単操作で現れるスロープ仕様などをラインアップ。小さな赤ちゃんのいる家庭にも、車いすの方がいる家庭にも。日本中の家族にぴったりな「N」
N-WGN
N-WGN Custom
N-WGN / N-WGN Custom
さまざまな人が自分らしさを投影でき、どんなシーンでも便利に使えて、思った通りに走ることができる生活のパートナー。当たり前のことが当たり前にできて、乗る人を楽しい気持ちにしてくれる。
日本中の多様な「私」の生活を豊かにする「N」


アレルクリーンプラスシート採用車種


N-WGN L・ターボ HondaSENSING
N-WGN Custom L・ターボ HondaSENSING
N-BOX G・Lターボ HondaSENSING、G・EX HondaSENSING、G・EXターボ HondaSENSING、
     G・スロープLターボ HondaSENSING
N-BOX Custom G・Lターボ HondaSENSING、G・EX HondaSENSING、G・EXターボ HondaSENSING

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000062352.html