グンゼ株式会社のニュースフィード

2020年05月13日

メディカルユーアンドエイより人工硬膜「デュラビーム(R)」販売開始


「シームデュラ(R)」、「デュラウェーブ(R)」との併用販売により患者さまのQOL向上を目指す

 グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)の連結子会社である株式会社メディカルユーアンドエイ(本社:大阪市北区、社長:松田 晶二郎 以下、メディカルユーアンドエイ)は、株式会社多磨バイオ(以下、多磨バイオ)が製造する人工硬膜「デュラビーム(R)」に関し、本年4月22日に独占販売契約を締結いたしましたことをお知らせいたします。


1.経緯
 メディカルユーアンドエイは、2017年4月グンゼ株式会社が厚生労働省から製造販売承認を取得した、脳硬膜欠損部に生体組織接着剤を併用して補綴する無縫合タイプの合成人工硬膜「デュラウェーブ(R)」を国内で初めて販売してきました。今回、デュラビームを展開製品に加えることにより、人工硬膜市場にて、吸収性縫合タイプ、吸収性無縫合タイプおよび非吸収性縫合タイプの3製品を取り扱い、3製品のシナジー効果から、この市場でのリーディングカンパニーとして、さらなる患者さまのQOL向上に貢献してまいります。

2.「デュラビーム(R)」の特長

人工硬膜「デュラビーム(R)」製品外観
 デュラビームは、2017年9月多磨バイオが厚生労働省から製造販売承認を取得した人工硬膜です。臨床現場における術後の感染症問題や自己組織との癒着など課題を克服すべく、専門外科医からのフィードバックを得て考案された医療機器で生体適合性が高く、従来に比べ手術時間も短く、感染症リスクが減ることが期待されております。




3.今後の展開
 今後は、患者さまのニーズに応えるべく、シームデュラ、デュラウェーブおよびデュラビームを販売展開し、2020年度売上高600百万円を目指します。
 ※2019年度人工硬膜市場規模推計930百万円(償還価格ベース:当社推計)

4.メディカルユーアンドエイについて
(1)設立:1986年4月(グンゼ株式会社の連結子会社)
(2)所在地:大阪府大阪市北区堂島2丁目4-27 新藤田ビル5F
(3)代表取締役:松田 晶二郎
(4)事業内容:形成外科・脳神経外科・口腔外科・美容外科・小児外科・心臓血管外科・皮膚科等の関連医療機器の販売、開業開設に関するコンサルティング医療機器の開発・販売
(5)ホームページ:https://www.mua.co.jp/

5.多磨バイオについて
(1)設立:2016年4月(エムスリー株式会社の連結子会社)
(2)所在地:東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ
(3)代表取締役:澤田 誠
(4)事業内容:医療機器の開発・販売

【お客さまからのお問い合わせ】
 株式会社メディカルユーアンドエイ 企画開発グループ TEL:03-3518-0211 (担当/川嶋・大橋)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000323.000023550.html