コクヨ株式会社のニュースフィード

2020年03月05日

コクヨの2製品が2020年度「iFデザイン賞」を受賞


コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、会議用イス「Any(エニー)」、「All in One(オールインワン)」の2製品において、世界的に権威ある「2020年度 iF(アイエフ)デザイン賞」を受賞しましたので、お知らせいたします。


「iFデザイン賞」は、「iF International Forum Design GmbH」が主催する、半世紀以上の歴史がある世界的に権威あるデザイン賞で、全世界の工業製品を対象に優れた工業デザインを選定しています。本年は世界56カ国から7298点の応募総数のなかで、2製品がプロダクト部門での受賞となりました。

写真:Any(エニー)
写真:All in One(オールインワン)
○受賞内容:「iF Product Design Award 2020」 iFデザイン賞(プロダクト部門/オフィス)
○受賞製品: (1)会議用イス「Any(エニー)」 (2)会議用イス「All in One(オールインワン)」
○メーカー希望小売価格(消費税抜):(1)33,000円  (2)81,800円~109,000円 
○発売日:(1)2019年2月1日 (2)2018年12月21日

<ご参考>

(1)会議用イス「Any(エニー)」
ワークエリアをはじめ、カフェラウンジのようなカジュアルな空間にも対応可能で、ワーク/ライフのシーンを彩るシンプルチェアーです。
座面や背もたれ面、キャスターにいたるまでチェアー全体を同色に揃えたシンプルなデザインが、ソロワーク向けの空間だけでなく、リフレッシュ向けのラウンジにもマッチします。また、執務用のチェアーで使用される厚手のモールドウレタンクッションを採用することで、ゆったりとした座り心地を実現し、長時間の着座が可能です。
さらに、水平にスタッキング収納ができるため、スムーズで効率的な空間セッティングが可能です。
商品紹介サイト ;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/any/



(2)会議用イス「All in One(オールインワン)」
メモ台と収納が一体となった機能が、ミーティングスペースの効率化に寄与します。加えて、アクティブでフレキシブルなミーティング空間の創出も可能です。
メモ台は、カップホルダーやタブレット置きを備えた、A3用紙が平置きできる大型天板を採用しています。また、持参したカバンなどをかけられるカバンフックも備えています。持ち回り品を快適にセットできるオールインワン機能で、テーブルレスミーティングを実現します。さらに、出入りしやすいシェル形状と回転機構のメモ台により、スムーズな立ち座りをサポートします。体勢や向きを変えやすい形状が、アクティブなミーティングを可能にします。
商品紹介サイト ;https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/allinone/



「iF(アイエフ)デザイン賞」とは

ドイツのハノーヴァーにある「iF International Forum Design GmbH」が主催する「iFデザイン賞」は、1953年に創設された半世紀以上の歴史がある世界的に権威あるデザイン賞です。例年、世界各国から多数の応募があり、工業製品を中心として、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン、建築、インテリアアーキテクチャ―、プロフェッショナルコンセプトの7部門からなっており、デザイン品質、革新性、機能性、人間工学、環境への対応、安全性、ユニバーサルデザインなどの基準に基づいて総合的に評価し、厳正に審査されます。


                                                 以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000048998.html