コクヨ株式会社のニュースフィード

2021年02月10日

リビングにも馴染む、こだわり機能搭載デスク「LEAN(リーン)」発売


新生活のタイミングで在宅勤務環境をアップデート!

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、在宅勤務がワークスタイルとして浸透する昨今、新生活が始まるタイミングに向けて自宅の作業環境をより快適なものにしていただくため、リビング空間に馴染むデスク「LEAN(リーン)」を公式ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop(https://workstyle.kokuyo.co.jp/)」や大手通販サイトにて、2021年2月10日(水)より順次発売します。


新型コロナウィルス感染症の影響で在宅勤務という働き方が普及し、多くのワーカーが自宅のリビングや自室といったプライベートな空間で長時間仕事をするようになりました。それに伴い、自宅で使用するデスクに対して、「オフィスのように快適に使える」「部屋のインテリアに馴染む」というような特長が、購入の際に注目されています。
今回発売する「LEAN(リーン)」はリビングに馴染むデザインと、ディテールにこだわったスタイリッシュなデザインを両立しながら、お求めやすい価格を実現した4本脚のデスクです。
配線機能にもこだわり、コードやペントレーの収納も可能、モニターを置くトレーブロック(樹脂パーツ)は標準装備され、セパレートが可能なため、スマートフォンのスタンドとしても活用できます。
今回発売するW800mmサイズのデスクは、「KOKUYO Workstyle Shop」内では初めての取り扱いサイズとなります。配線機能の工夫により、コンパクトなサイズでも奥まで広々使えるので、机上面全体をワークスペースとして最大活用できます。
リビングにも馴染む軽快な色合いと、8種類のサイズバリエーションをご用意しておりますので、ご自宅のインテリアにあったモデルをお選びいただけます。

在宅勤務の普及により、自宅内でも集中して働く環境としての”ON”、ゆったりとくつろぐ環境としての”OFF”の両立に役立つアイテムを目指しつつ、お求めやすい価格での商品ラインアップを実現しました。今後も在宅勤務環境のアップデートにおすすめしたい新製品が続々登場していきますので、ご注目ください。

写真:デスク「LEAN(リーン)」
○発売日:
「KOKUYO Workstyle Shop」は2021年2月10日(水)発売
一部大手通販サイトは2021年2月10日(水)以降順次発売

◯取扱いショップ
本商品は、「KOKUYO Workstyle Shop」及び一部の大手通販サイト限定での取り扱いとなります。
アスクル、Amazon、カウネット、
コクヨオンラインストアPaypayモール店、
コクヨオンラインストア楽天市場店、
KOKUYO Workstyle Shop、
たのめーる等(五十音順)

○参考販売価格(本体税抜価格):
W800×D600/センター引出し無しタイプ  15,400円~ 他

デスク「LEAN(リーン)」の特長
こだわりの配線機能でワークスペースとして広々活用
電源にアクセスしやすいオープンな机上配線トレーとコードダクトで、電源コードやケーブル類をすっきりと収納することができます。付属するトレーブロックを使えば机上配線トレー上にモニターを置く事ができ、机上面を奥まで広く使う事ができます。机上配線トレーの両端と中央に穴が開いているため、モニターアームやデスクライト等のクランプ式の製品を取り付ける事もできます。


写真:(左から)電源タップ収納例、トレーブロックのモニター使用例、 トレーブロックのスマホスタンド使用例

2リビングにも馴染む軽快な色合い
 カジュアルでシンプルな4本脚のデザインに、リビングにも馴染むナチュラルな木調カラーをご用意しました。天板幅は、省スペースにも置ける800mmから二人で並んで使える1400mmまで4種類。奥行は、600mmと700mmの2種類で、8種類のバリエーションからお選びいただけます。

写真:(左から)W800×D700、W1000×D600、W1200×D700、W1400×D600
URL:https://workstyle.kokuyo.co.jp/shop/pages/g002-lean.aspx

※新製品紹介サイト:https://workstyle.kokuyo.co.jp/shop/pages/s010-new.aspx
※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

                                                 以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000167.000048998.html