日本特殊陶業株式会社

3.1 29reviews 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14番18号
クチコミを書く

日本特殊陶業は、1937年にスパークプラグ製造からスタートし、製品開発の過程で獲得した技術やノウハウから様々な応用技術を生み、セラミックをコア事業になお研究開発を続けています。
中でも、スパークプラグやグロープラグ関連品はNGTブランドとして、ICパッケージ、排気ガス浄化用センサ、切削工具といった製品はNTKブランドとして、日本特殊陶業の核をなしています。
また、セラミックスを核とした異種材との組み合わせにより、高い信頼性、耐久性が求められる半導体・機械工具など多分野での製品を生み出しています。これらコア技術のさらなる研究だけでなく、環境・エネルギー分野、次世代自動車、医療分野など新たな領域での技術開発、製品開発に挑戦しています。
社員各々に応じた研修制度やe-learningをはじめとする人材育成制度を設けている他、出産育児休暇の取得率はどちらも90%を超え、またそのほぼ全てが職場に復帰しているなど、女性の働く環境も整っています。

  • 売上4,260億7,300万
  • 業績伸び率103.68%
  • 営業利益率11.4%
  • 業界シェア率--%
  • 平均年収675万
※業績伸び率:(前年度売上÷前々年度売上×100)から算出した値
※業界シェア率:本企業売上÷対象業界売上合計値:Edinet公開企業(有価証券報告書を公開している企業)

従業員の評価

  • 総合評価 3.1 29reviews
  • 平均有給取得日数11.9
  • 平均残業時間35.9時間

カテゴリ別評価

  • 人事評価の適正感
    1.3
  • ワークライフバランス
    2.7
  • 女性の働きやすさ
    3.8
  • 企業の成長性・将来性
    3.5
  • 給与・待遇面の満足度
    3.7
  • 経営陣の手腕
    3.5
  • 顧客志向度
    3.6
  • 自己成長環境
    2.4
  • 企業の安定性
    3.3
  • 事業の社会貢献実感
    3.0

企業の雰囲気・風土

  • 社風
    保守的 革新的
  • 仕事の進め方
    決められた進め方 裁量の大きい
  • 職場の雰囲気
    落ち着いている 活気がある
  • 風土
    トップダウン ボトムアップ
  • 意思決定のスピード
    品質・信頼性重視 スピード重視
  • 評価ウエイト
    個人評価 チーム評価
  • 給与体系
    年功序列 成果主義
  • 異動頻度
    多い 少ない

友達に勧めたい

お勧めしない
あまり
お勧めしない
普通
お勧めしたい
すごく
お勧めしたい
すごくお勧めしたい
お勧めしたい
普通
あまりお勧めしない
お勧めしない

最新のクチコミ

  • 給与・待遇面の満足度 4.0

    営業管理 (現職 / 回答時) | 一般社員 | 正社員 | 中途入社 | 2015年頃〜在籍 | 20代

    賞与は業績によって数万の変化があるが、毎回業績のびなやみあまり良い数値にならない。 1年目~7年目で手取り30万をこえたのは1度だけ(2年目)。 長く勤めてもなかなかボーナスはあがらないため、年間50万ほどしかもらえないので社員の不満の声は大きい。 マネージャークラスでも年間100万弱と聞いたことがあるので、他の大手企業と比べると少ないのがわかる。 しかし、業績が悪くても出ないことはない。

    掲載日:2020年05月30日 回答者の他の評価内容を見る
  • 女性の働きやすさ 5.0

    営業管理 (現職 / 回答時) | 一般社員 | 正社員 | 中途入社 | 2015年頃〜在籍 | 20代

    時短勤務、育休・産休制度、キッズサポート制度、有給休暇、特休、介護休暇などなど休みやすく、時間の融通がかなりきく子供がいる人にとっては凄く有り難い。 保育園に預けてるママさんにはフレックス制度があって良い点だと思います。 仕事内容は社員と変わらずに忙しいため、小さな子どもがいても休みにくい。 仕事を組む相手にもよる部分もあり。

    掲載日:2020年05月30日 回答者の他の評価内容を見る

企業概要

企業情報を修正する
  • 証券コード
    5334
  • 業界
    製造業(メーカー) - 自動車部品
  • 決算期
    3月
  • 名称
    日本特殊陶業株式会社
  • 代表者
    代表取締役社長 川合 尊
  • 従業員数
    5,851人 (グループ全体)
  • URL
    https://www.ngkntk.co.jp
  • 上場取引所
    東証 第一部
適職診断