美津濃株式会社のニュースフィード

2020年08月04日

従業員、地球に優しい ヒロセホールディングスのミズノ製 新ユニフォーム


ミズノ株式会社は、建設業界大手のヒロセホールディングス株式会社の新ユニフォームを製作しました。(http://www.hirose-net.com/)


新ユニフォーム製作にあたって、社員の多様化やイメージ向上のためのデザイン性をはじめ、暑さ対策や動きやすさ、利便性、今後義務化されるフルハーネス対応等の課題を洗い出し総合的に両社で検討を行いました。ミズノが持つスポーツノウハウから生まれた動きやすさを追求したウエア設計※やスポーツで使用しているミズノ独自の機能素材などを採用しています。

また、ヒロセホールディングスでは従来は産業廃棄物として処理していた作業着を今回の作業着はリサイクルすることも可能なため従業員だけでなく、環境へも配慮しています。
ヒロセホールディングス ミズノ製新ユニフォーム
■従業員、地球に優しい新ユニフォーム
ヒロセホールディングスらしさを求める声も社内で多くなっており、昨今の気象の変化や社員の多様性にも対応した、機能性の高いユニフォームが必要ということや社員一人一人が安全に良い仕事をしていくうえで、ユニフォームは重要な要素の一つであるということで、今回のミズノ製の新ユニフォーム導入となりました。

主なリニューアルポイント
・通気性、吸汗速乾性、耐久性、ストレッチ性などを兼ね備えた高機能素材を採用
・スポーツ用品開発で培った技術や知見を活用し動きやすさを追求した『ダイナモーションフィット設計』※
・今後義務化となるフルハーネス対応を前提としたポケットの配置など現場の声を活かしたデザイン
・更なる統一感、暑さ対策のため、ポロシャツの採用
・夏の作業時に気になる汗のニオイを軽減させるための『ミズノデオドラント』採用
・使用済み作業着のリサイクルシステムの活用

※人間工学に基づき、動きやすさを追求したウエア設計。引きつれや圧迫感を軽減し、身体の自由な動きをサポートします。


■ミズノのワークビジネス
ミズノは、1997年からスポーツ用品開発で培った技術や知見を活用した、別注の企業ユニフォームを企画・販売する専門部門を設置し、これまで約500社以上に納品しています。近年、企業などからの需要を受け、2016年3月からワークシューズを、2018年2月からワークアパレルを本格的に展開。2019年4月にはワークビジネス事業部を新たに設立し、ワークビジネス強化に取り組んでいます。
さらに2019年4月にはBtoB(Business to Business)強化を目的に、法人営業部をそれまでの20数人体制から約90人体制に増員し、北海道から九州までの全支社に法人営業部隊を設置して企業や自治体等への営業活動を強化しています。2021年度には、売上100億円を目指しています。

(お客様のお問合せ先)
ミズノお客様相談センター TEL:0120-320-799

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000009202.html