美津濃株式会社のニュースフィード

2021年01月26日

ミズノゴルフグローバル戦略モデルを拡充「ST-Z」「ST-X」ドライバー発売


ミズノは、飛距離性能を追求したグローバル戦略モデルのゴルフドライバー「ST-Z(エスティーゼット)」「ST-X(エスティーエックス)」を全国のミズノゴルフ取扱店で3月12日に発売します。


近年、ゴルフ市場における一般ゴルファーの主な購買要因の一つとして、世界の主要なプロツアーに参戦する選手の使用クラブ情報の注目度が高まっています。ミズノは、2020年3月からゴルフドライバー「ST」シリーズをグローバル戦略モデルとして販売し、グローバルで統一したマーケティングを展開しています。今回、「ST200」「ST200X」に加えて「ST-Z」「ST-X」発売により、グローバル戦略モデルのラインナップを拡充します。

「ST」シリーズは、高初速、高弾道、低スピンを実現することにより飛距離性能を追求※1したドライバーです。厳選された素材と最新の設計によって、「ST-Z」は打球の直進性、「ST-X」はボールのつかまりやすさを追求しています。
※1ボール初速、スピン量、打ち出し角度が打球の飛びを構成する要素
URL:https://www.mizuno.jp/golf/st/stx_stz/



左:「ST-Z」右:「ST-X」


■STシリーズの特長
STシリーズの「ST」は「Speed Technology(スピード テクノロジー)」の略で、高初速、高弾道、低スピンを実現することにより飛距離性能を追求したゴルフドライバーです。
・フェース部の素材は一般的なチタン合金(6Al-4V)に比べ約17%強度が高く、約8%たわみやすい『フォージドβチタン合金(2041Ti)』を採用しています。高い反発性能を発揮することで、ボール初速アップに寄与します。
・クラウン部(ヘッド上部)に軽量素材のカーボンを採用しています。ヘッドを低重心化することで、高弾道・低スピンの弾道を生み出します。

■「ST-Z」の特長
「ST-Z」は打球の直進性を追求したモデルです。
・ソール部のトウ部とヒール部に軽量なカーボンパーツを配置し、バック部にウエイトビスを配置しています。重心深度※2を深くし慣性モーメントを高めることで、インパクト時のブレを抑え、打球の直進性を高めます。
海外ではキース・ミッチェルプロが「ST-Z」の使用を始めた試合でいきなり平均飛距離326.1ヤードを記録しています。
※2ヘッドの重心からフェースまでの距離


注)赤丸がカーボンパーツ、青丸がウエイトビス部

■「ST-X」の特長
「ST-X」はボールのつかまりやすさを追求したモデルです。
・ソール部のトウ部に軽量のカーボンパーツ、ヒール部にウエイトビスを配置しています。重心距離※3を短くすることでインパクト時にヘッドが返しやすくなり、ドローボールを打ちやすい設計を採用しています。
※3 ヘッドの重心からシャフト軸線までの距離


注)赤丸がカーボンパーツ、青丸がウエイトビス部

■ゴルフ市場の変化とミズノゴルフ事業について
ゴルフ市場は、コロナ禍においてアウトドアスポーツの一つとして注目され、グローバルで市場が活性化しています。ミズノゴルフ事業は「フィッティング」をキーにしたマーケティングを展開しており、カスタムクラブのタイムリーな供給※3により、グローバルで売上が好調※4に推移しています。
※3 カスタムクラブは世界5か所(日本、スコットランド、オーストラリア、アメリカ、韓国)の工場で製造しています
※4 ミズノ直営店(ミズノゴルフヨドヤバシ、MIZUNO TOKYO)においては10月から12月のフィッティング体験者数が前年比143%(同期比)と大幅に増加しています

〈参考情報〉フィッティング情報
https://www.mizuno.jp/golf/fitting/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000009202.html