株式会社コーセーのニュースフィード

2020年11月27日

公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団 創立30周年記念式典 を開催


~新設の奨励賞・大学講座助成を含めた表彰・贈呈を実施~

 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)が社会貢献の取り組みのひとつとして支援を行っている公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団(所在地:東京都中央区、理事長:小林保清〔現コーセー名誉会長〕)は、2020年11月25日に「創立30周年記念式典」をパレスホテル東京(東京都千代田区)にて開催し、例年実施しているコスメトロジー研究助成に加え、30周年にあたり新設した「コーセーコスメトロジー奨励賞」と「大学講座研究助成」の表彰・贈呈式を実施しました


コーセーコスメトロジー奨励賞 表彰者
大学講座研究助成 受賞者


コスメトロジー研究助成 受賞者

 コーセーコスメトロジー研究財団は、コスメトロジー(化粧品学)に関する研究へ助成を行うことにより、広く生活者の保健衛生の向上を図り、美しく豊かな人間生活の実現に寄与することを目的として、1990年に株式会社コーセーの創業者である小林孝三郎により設立されました。以来毎年、化粧品に関連する幅広い分野の特に優れた研究課題に対して研究助成を行っています。

 今年度は、創立30周年を記念して、「コーセーコスメトロジー奨励賞(※1)」と「大学講座研究助成(※2)」という、表彰事業と研究助成事業を新設しました。今回の記念式典では、「コーセーコスメトロジー奨励賞」として、財団設立以来の助成採択者の中から優秀研究者3名を表彰し、研究助成事業として、「大学講座研究助成」3件、「コスメトロジー研究助成」33件の研究課題に対して助成金贈呈を行いました。

■小林 保清 理事長挨拶 要旨

小林 保清 理事長


 これまで30年の間に、多くの研究者に参加いただきながら助成実績を積み重ね、累計助成件数838件、総額9億9,600万円を助成させていただきました。また、今年は、創立30周年を記念して、2つの新規事業(表彰事業と新たな研究助成事業)を設立しました。「コーセーコスメトロジー奨励賞」は、研究者の論文実績を表彰することで、コスメトロジー研究の論文発表を一層促進することを目的にしています。「大学講座研究助成」は、大学の研究組織を対象にした、化粧品分野では初の大型の研究助成として、コスメトロジーの重要なテーマへの取り組みを支援するものです。引き続き私どもは、研究助成を通して、人々の美しく豊かな生活の実現と化粧品産業のさらなる発展のため、着実に歩みを進めてまいります。


■二木 鋭雄 選考委員会委員長 選考経過報告 要旨

二木 鋭雄 選考委員会委員長

〔「大学講座研究助成」の選考経過について〕
 初回となる今年は、全国の大学から48件のご応募をいただきました。実施計画の妥当性と学術的観点から厳正公平な審査を重ね、3件の助成課題を採択しました。3件ともに皮膚科学分野の研究であり、皮膚疾患を克服し肌を健やかに保つという、化粧品の科学がめざすべき目標をしっかり見据えた研究であることが、選考委員の高い評価に結びついたものと思います。

〔「コスメトロジー研究助成」の選考経過について〕
 31回目となる本年の応募総数は110件でした。例年通り「素材・物性」、「生体作用・安全性」、「精神・文化」の三分野で募集を行い、各分野を専門とする選考委員による(1)独創性、(2)発展性、(3)実用の可能性、(4)コスメトロジーへの波及性の観点からの予備選考および、選考委員会での慎重な審議の結果、33件の研究課題を採択しました。今年は、第三分野「精神・文化」の採択数が増えました。化粧品を使う「ひと」を対象にした研究であり、コスメトロジーならではの、本財団の取り組みを特徴づけている分野といえます。

2020年度 コーセーコスメトロジー研究財団 表彰・助成実績

(新)30周年記念コーセーコスメトロジー奨励賞
  選出対象者(1990~2017年の研究助成採択者) 641
  受賞者   3名
  奨励金   1名 300万円

(新)大学講座研究助成
  応募総数 48
  表彰件数 3
  助成金総額 8,000万円 (1件、1年あたり助成金額上限 3,000万円)

コスメトロジー研究助成
  応募総数 110
  表彰件数    
1)素材、物性に関する分野
  9
     2)生体作用、安全性に関する分野 16 件 
     3)精神、文化に関する分野   8    計 33
  助成金総額 5,500万円 (1件あたりの助成金額 200万円、100万円、50万円)

○ 国際交流助成    1
学術集会支援助成  3件


<参考情報>
(※1)◇【新設】コーセーコスメトロジー奨励賞
 本財団の研究助成採択者の中から、コスメトロジー研究の発展に功績があった研究者を表彰することにより、更なる研究の進展を期待するとともに、これをインセンティブとして、コスメトロジー研究の学術論文による成果公表を奨励し、研究成果の社会還元の促進を目的とするものです。
 初回となる本年度は、財団設立の1990 年から2017 年までの助成採択者の中から顕著な功績が認められた研究者を表彰します。来年度以降は、継続事業とし、2018 年以降新たに助成を受けられた研究者から、助成を受けた研究課題に関する論文の提出を受けて、毎年の最優秀者を表彰します。

(※2)◇【新設】大学講座研究助成
 コスメトロジー分野では初めてとなる大学講座への研究助成事業です。本事業では、コスメトロジー領域で多くの消費者が期待している、課題解決への社会的な要請が高い重要なテーマに挑戦し、次世代を担う高度な人材の育成に取り組む、優れた大学講座に対して助成を行います。

◇コスメトロジー研究助成
 本助成事業では、様々な専門分野の研究者にコスメトロジー研究への参画を呼びかけ、人々の健康
や美容の増進に役立ち、美しく豊かな生活の実現への貢献が期待される研究課題に対して助成を行い
ます。

◇国際交流および学術集会支援助成
〔国際交流助成〕
 コスメトロジーおよび関連研究に意欲的に取組む研究者の海外派遣費用の助成、またはコスメトロジー関連の海外研究者を日本国内に招聘する受入責任者への助成を行います。
〔学術集会支援助成〕
 コスメトロジーおよび関連研究の学会や研究討論会などの開催費用への助成を行います。


■公益財団法人コーセーコスメトロジー研究財団Webサイト
URL: https://www.kose-cosmetology.or.jp

表彰された研究課題の概要等も掲載しています。
次回、第32回研究助成の募集は、2021年4月より、本ウェブサイトで告知予定です。
財団へのお問い合わせも、上記ウェブサイトよりお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000156.000041232.html