株式会社資生堂のニュースフィード

2020年04月21日

テカリ・カサつきをダブルで防ぐ マキアージュのくずれ防止下地から、トーンアップタイプ登場! ~2020年6月21日(日)発売~




 資生堂は、トータルメイクアップブランド「マキアージュ」より、テカリもカサつきも防ぐ、くずれ防止下地「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX」のトーンアップタイプ【全1品目1品種:ノープリントプライス】を、2020年6月21日(日)より発売します。

◆「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX」は、「うるさらセンサーパウダー」が過剰な皮脂や汗を吸収してテカリを防ぎ、乾燥を感知すると水分を放出してうるおいを与え、うるさら美肌が続く化粧下地です。
◆トーンアップタイプは、赤み補正と、くすみや血色の悪さを補正する効果を兼ね備えたラベンダーカラーで、透明感と自然な血色感のあるワントーン明るい仕上がりが持続します。


《発売背景》
 化粧下地にくずれ防止機能を求める声は多く、くずれ防止下地市場は伸長を続けています。最近ではニーズが多様化し、特に20代女性を中心に、透明感のある明るい仕上がりを求める声が多いことに着目し、ワントーン明るく仕上げるトーンアップ効果のあるくずれ防止下地を開発しました。

《商品特徴》
 「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX」のトーンアップタイプは、ニキビ跡などの赤みを補正する効果と、くすみや血色の悪さを補正する効果を兼ね備えたラベンダーカラーで、透明感と自然な血色感のあるワントーン明るい仕上がりを叶えるくずれ防止下地です。
 「うるさらセンサーパウダー」がテカリもカサつきもダブルで防ぎ、透明感とメイクしたての美しい仕上がりが持続します。


【ご参考】 「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX」の技術について

<うるさらセンサーパウダーの構造>
 「うるさらセンサーパウダー」は穴のあいた細いチューブを束ねたような形状で、大量の汗や皮脂、水分を吸収するだけでなく、湿度が低くなると水分を放出することができます。


<うるさらセンサーパウダーの調湿効果>
 湿度が上がると大量の水分を吸収して保持、乾燥してくると徐々に放出。テカリやカサつきを防ぎ、快適なうるさら美肌が続きます。



【商品概要】※価格は参考小売価格です。(店舗によって異なる場合があります)
■商品名・容量・価格

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース EX トーンアップ
<化粧下地>
25mL 1種
SPF25・PA+++
2,600円 (税込2,860円)

■商品特長
テカリ・カサつきをダブルで防ぎ、ワントーン明るい透明感が続く
くずれ防止下地


○皮脂や乾燥などの肌変化に対応してテカリもカサつきも防ぎ、メイクしたてのうるさら美肌が続きます。
 -うるさらセンサーパウダー

○ニキビ跡などの赤み補正と、くすみや血色の悪さを補正する効果を兼ね備えたラベンダーカラーで、透明感と自然な血色感のあるワントーン明るい仕上がりが持続します。

○化粧崩れ・テカリ防止
 過剰な汗や皮脂を吸収し、毛穴やテカリの目立たないずっと快適な美肌を保ちます。
 -うるさらセンサーパウダー
 -皮脂オートブロックパウダー

○カサつき防止
 乾きを感知して水分を放出し、乾きもテカリも気にならない化粧のりのよい美肌に整えます。
 -うるさらセンサーパウダー
 -保湿成分 スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)、グリセリン、水溶性コラーゲン 配合

○ファンデーションと肌を密着させ、つけたてのさらさらな仕上がりが続きます。
 -さらさらパウダー
 -トリニティーマグネット効果

○カバー力と透明感を同時に高めます。
 -360°美肌パウダー

○時間が経っても、ファンデーションの美しい仕上がりが持続※します。
 ※ 13時間化粧もち(テカリ・皮脂崩れ・毛穴落ち・よれ・薄れ)データ取得済み
  (当社調べ。効果には個人差があります。)

○無香料
〇アレルギーテスト済み
 (すべての方にアレルギーが起きないわけではありません。)

<使用法>
●よく振ってから、ご使用ください。
●スキンケアで肌を整えた後、手のひらに適量をとり、顔全体になじませます。


▼ マキアージュ ブランドサイト
https://maquillage.shiseido.co.jp/?rt_pr=trf86

▼ ニュースリリース
https://corp.shiseido.com/jp/news/detail.html?n=00000000002893&rt_pr=trf86

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
https://corp.shiseido.com/?rt_pr=trf86

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001641.000005794.html