花王株式会社のニュースフィード

2020年04月15日

「リリーフ MEN’S BLOCK」から、尿シミを経験したすべての男性に向けた動画 MEN’S BLOCK「男のヒミツの隠し方」4月15日公開


30代以上男性の3人に1人が経験する「尿シミ」の‟隠し方あるある“を紹介


 花王リリーフは、2020年4月18日(土)より、尿シミ防止スプレー「リリーフ MEN’S BLOCK(メンズブロック)」の全国販売を開始します。販売開始に先行し、4月15日(水)より、男性の3人に1人が経験する「下着からズボンへの尿のしみ出し」※1の“隠し方あるある”を紹介した動画、「男のヒミツの隠し方」 を公開します。
※1:日本全国の30~69歳男性1万名を対象としたWeb調査において、尿をした後、キレが悪く尿が少ししみた経験があると回答した人数から算出。(2019年12月花王調べ)


516名の男性に聞いた「尿シミ」の隠し方ランキング。意外な方法も存在
 動画の制作にあたり、インターネット調査※2で30代~60代の男性516名にアンケートを実施。調査結果によると、「下着からズボンへの尿のしみ出し」の隠し方で最も多い票を集めた隠し方は「乾くのを待つ」(250票)で、次いで「乾かす」(178票)、「ひたすらに拭く」(166票)が続きました。多くの男性が共感できる隠し方が上位にランクインする中で、「走る」(9票)といった意外な隠し方も存在していることが明らかになりました。


みんなの“隠し方あるある”のエピソードやシチュエーション
 調査回答者の尿シミをしてしまった時の対策エピソードやシチュエーションをご紹介。多くの人が尿シミを隠すために苦労していることが具体的に見受けられるコメントが寄せられています。

【上位3項目のコメント】
■1位「乾くのを待つ」派



・トイレの個室内で乾かしてから外に出るまで待っていたため、遅刻しそうになった。(30代)
・デスクワークだったので、なるべく席を立たない、コピーも誰かに頼む、もしくは後回しにして時間の経過を待つようにする。(60代)


■2位「乾かす」派


・暑い暑いと下敷きや手で仰ぐ。(50代)
・トイレから出て、濡れた場合はすぐにドライヤーで乾かす。ドライヤーはロッカーに入れてある。(60代)


■3位「ひたすらに拭く」派


・必死でペーパーでガシガシ拭いてると、気づかないうちにペーパーの切れ端がズボンに付着。それに気づかずカラオケルームに入って行って笑われる始末。(30代)
・トイレットペーパーを濡らして拭いて、そのあと、さらに乾いたトイレットペーパーで拭くことを3回程度繰り返した。(50代)

【その他のコメント】
■「着替える」派


・外では常にバッグに下着を入れている。汚れたらトイレに駆け込んで着替えるようにしている。(40代)


■「手近なもので隠す」派


・職場であれば、ノートパソコンや書類をズボンの前において歩いた。(40代)
・デートの途中でトイレに寄ったら、白いズボンだったので余計にシミが目立ってしまい、着ていたトレーナーを脱いで腰にまき、なんとかごまかした。(50代)

■「洗った手をわざとズボンで拭く」派


・ハンカチを持っていないふりで手をびしょびしょに濡らし、濡れた部分が汚れているように叩きながら濡らし、わからないようにする。(60代)


■「足を組む」派


・トイレからデスクに戻るまでは、できるだけ不自然に見えないように、上着や手で隠すようにして歩き、椅子に座ったらすぐに足を組み隠したが、よく考えると机があるから回りからは見えないし、かえって乾きにくくなるのではないかと思いつつも、そうしてしまう。(50代)


■「水をわざとこぼす」派


・若い女性と打ち合わせで喫茶店に行った時に、尿漏れのシミに気付き、出るに出れず、手を洗う時にわざと水をかけたが、どうみても不自然。もっとかけた方が良いと思い、大量にかけたら、お店の人が心配してくれた。(60代)


■「隠れる」派


・影にかくれた。(30代)
・トイレでズボンが濡れてしまったら、人の多いところを避けて乾くのを待ちます。トイレの個室に長くこもることもあります。(40代)


■「走る」派


・走れば少しは乾く速度が上がるかと思って、とりあえずあまり深く考えずに走ってみた。(30代)


思わず共感してしまう…‟男のヒミツ“の隠し方と様々なシチュエーションを、”尿シミ経験者“スタッフと映像化
 動画の中では、アンケートの回答結果をもとに、「下着からズボンへの尿のしみ出し」という男性ならではのヒミツの隠し方を、様々なシチュエーションで紹介しています。制作スタッフの中にもいる尿シミ経験者と議論しながら、男性なら思わず共感してしまうシーンの数々を描き、“尿シミに悩んでいるのは自分だけではない″と気づいてもらえる動画を目指しました。
・動画タイトル:「男のヒミツの隠し方」
・公開URL:https://www.kao.co.jp/relief/mensblock/?cid=relief_prtimes200415a
・動画尺:1分13秒
・公開開始日:2020年4月15日(水)12:00公開

▼動画内のシーン集

▼制作にかかわった経験者スタッフからのコメント
 私自身も経験がある、男性の尿シミ。深刻でセンシティブな問題ではありますが、だからこそ一人で悩むよりも、みんなで悩みを共感し合い、前を向けるような動画にしたい。そんな思いから、調査で判明したみんなの尿シミ“隠し方あるある”を軽やかなBGMと一緒に紹介しています。見ている人たちに「尿シミで悩んでいるのは、あなただけじゃない」ということが感じていただければ幸いです。この動画が世の中の「尿シミを経験した男性」に届いてくれることを願っています。
花王リリーフ担当

※2:調査概要
・調査名:「尿シミ」に関する意識調査 ・調査時期:2019年12月
・調査対象:30~69歳男性で「下着からズボンへの尿のしみ出し」の経験あり
・有効回答数:516名 ・調査方法/回答形式:インターネットによる調査/複数回答

ズボンへの尿シミをブロック!「リリース MEN’S BLOCK」

 尿シミ防止スプレー「リリーフ メンズブロック」はいつもの下着の外側にスプレーするだけで、ズボンにしみ出る尿シミやニオイを防ぎます。下着の外側にメッシュ状のバリアをつくることで、排尿後の“ちょいモレ”を下着からズボンにシミさせません。メッシュ状なので、通気性や着心地は損ないません。
 30~69歳の男性1万人を対象にWeb調査を実施した結果、3人に1人が「尿のしみ出し」の経験があることが明らかになりました。※1 こうしたできればヒミツにしたい、男性ならではの不安を解消するために、「リリーフ メンズブロック」は誕生しました。

リリーフ メンズブロック サイトURL:
https://www.kao.co.jp/relief/mensblock/?cid=relief_prtimes200415b
※1:日本全国の30~69歳男性1万名を対象としたWeb調査において、尿をした後、キレが悪く尿が少ししみた経験があると回答した人数から算出。(2019年12月花王調べ)

■5つの商品特長

1.一度の使用で、尿シミを一日中ブロック*1。
*1:約5回効果を発揮(排尿後尿滴下1回の尿量2mlとして)

2.メッシュ状のバリアをつくり、“ちょいモレ”をズボンにシミさせない。

3.通気性を損なわず、下着の着心地はキープ。

4.緑茶エキス(消臭成分)配合で、気になるニオイもブロック。

5.1本で下着約75枚分*2。  *2:1度の使用で6回スプレーした場合


■使い方

(1)着用前に下着の外側から、尿シミが気になる部分を中心に、
広めにムラができないようにスプレーする。
・下着から約10cm離して、軽く湿る程度に6~8回スプレー
・容器は立ててスプレーすること

(2)スプレー後に、乾かす
5~10分目安で、下着が完全に乾いてから着ること
・スプレー後、洗たくするまで効果は持続します。
・バリアはいつもの洗たくで簡単に落とせます。
※こんな時の使用がおすすめです。
1.洗たく後、たたむ前に 2.入浴前に

内容量(正味量)/価格90ml ※メーカー希望小売価格は設定いたしません。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001023.000009276.html