出光興産株式会社のニュースフィード

2019年10月04日

海の再生を目的とした「東京湾環境一斉調査(生物調査)」に参加


-お台場海浜公園周辺の干潟で18種類、約340の生物を確認、東京湾の保全に貢献-

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木藤 俊一、トレードネーム:出光昭和シェル 以下、当社)は、「東京湾環境一斉調査(生物調査)」※に参加し、9月25日に東京都港区お台場で生物調査を実施しました。


当社は東京湾沿岸に立地する企業として、東京湾の生物多様性の保全に継続的に貢献することを目的に、本調査主催団体のひとつである「東京湾再生官民連携フォーラム」に参画しています。8月に実施した水質調査に続き、お台場周辺海域で生物調査を行いました。
レインボーブリッジ前で調査を行う当社社員

今回の東京湾環境一斉調査には、企業や市民団体を含む合計155 機関が参加表明し、うち20機関が生物調査に参加しています。なお、水質調査・生物調査の両方に参加した機関は当社含めて8機関でした。当日は、お台場海浜公園周辺の干潟で生物調査を行い、ボラやカニ等18種類、約340の生物を確認し、報告しました。
カニ・ヤドカリ

当社は、社会的責務である安全で安定的なエネルギー供給の実現を目指すとともに、東京湾環境一斉調査への参加をはじめとする環境保全活動に積極的に取り組み、持続可能な生態系・生物多様性の保全に貢献します。
東京湾に生息するカニ


【確認された生物】





水辺ではねるボラ
以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

配信元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000201.000023740.html