2020年01月14日

仕事がうまくいかないときに知っておきたい対処法

キャリドア編集部

2020年01月14日

仕事をしていて、頑張っているのになぜかうまくいかないときはつらく感じてしまうものです。 早く立ち直るには、どんな方法が効果的なのでしょうか。仕事がうまくいかないときの対処法について紹介します。

仕事が上手くいかないとき

目次


仕事をしていて、なぜかうまくいかないときはつらく感じてしまうものです。
焦ってしまったり、自分の力不足が嫌になってしまったりすると、自分の存在が否定されているように感じられ、心身ともにクタクタになってしまいます。
できる限り早く立ち直るためには、どんな方法が効果的なのでしょうか。仕事がうまくいかないときの対処法についてご紹介します。

仕事がうまくいかない原因は?

仕事がうまくいかないときは、失敗できないプレッシャーから、休憩や睡眠時間を削って働いてしまいがちです。
しかし、集中力や体力が低下している状態で働いても、効率は良くありません。
結果として、仕事がはかどらず、さらに焦りを感じて疲労を招くことになってしまいます。
このような悪循環に陥らないためには、仕事がうまくいかないときは一度手を止めて、その原因を考えてみるのがおすすめです。
仕事がうまくいかないと感じるときのよくある原因をご紹介していきます。

1.経験不足

仕事に慣れてくると手順やノウハウが自然と身に付き、できる作業が増えていきます。
しかし、入社直後や部署異動したばかりなど、経験の浅い状況ではそうはいかず、すべてを意識して行わなければなりません。慣れていないため、失敗も多いですし、時間もかかってしまいます。

2.仕事のやり方が間違っている

仕事のやり方が間違っていたり、非効率だったりする場合も、仕事はなかなか上手くいきません。
自分だけで解決しようとせずに周りの人に確認をしたり、上司や先輩のやり方を見て学んだりすることで、間違ったやり方に軌道修正をかけることが必要です。

3.ストレスや疲れ

「オフィスが騒がしい」「上司からのプレッシャーが大き過ぎる」「家庭やプライベートで問題がある」といったストレスがかかると、仕事に集中できません。
集中力が切れた状態では仕事でミスを起こしてしまう可能性も高まります。

4.余裕がない

納期や締切りが差し迫っているときには、時間に余裕がありません。睡眠不足や体力不足も重なって焦りや苛立ちにつながり、集中力や判断力にも悪影響を与えてしまいます。
その結果、普段であればありえないミスが起こったり、仕事の品質が下がってしまったりするでしょう。

5.人間関係のトラブル

上司や同僚との人間関係がうまくいっていないと、コミュニケーションの不足から様々な問題が起こりやすいでしょう。
また、人間関係のトラブルなど大きなストレスがあるときは、集中力の低下からミスの発生につながります。

6.元々の性格や考え方

物事を「ルーズ考えるタイプ」や「完璧主義者」など、元々の性格や考え方が原因で仕事がうまくいかない場合もあります。
例えば、「ちょっとくらい締切りに遅れても大丈夫だろう」といったルーズな考え方はトラブルの元になりますし、責任感が強すぎることから、妥協できずに周りとの意思疎通がうまくいかないといったこともあるでしょう。

まずはうまくいかない原因を突き止める

仕事がうまくいかない原因はいくつもあり、原因がそれぞれ違えば有効な対処法も変わってきます。
まずは、原因は何なのかをはっきりさせることが重要です。状況を整理し、頭の中をすっきりさせるためにも、うまくいかない原因を紙に書き出してみましょう。
原因は必ずしも一つとは限りませんので「これかな?」と思える要素があれば、たくさん書き出してみてください。

仕事がうまくいかないときの対処法

仕事がうまくいかない原因がある程度わかったら、その原因を取り除いていきます。
ポイントは、普段の行動や考え方を意識的に変えることです。いきなりすべてを変えることはできませんが、次のような行動が解決策につながります。

1.意識して睡眠や休息をとる

仕事のパフォーマンスを上げるためには、十分な休養が欠かせません。目先の仕事の進捗が気になって休めない人は、全体のスケジュールを調整して休息をとる日を設定しましょう。
定期的な休養、睡眠は仕事のミスを減らすことにもつながります。

2.できる限り余裕のあるスケジュールを組む

「仕事は予定通りにはいかないもの」とあらかじめ考えておき、最初から調整日を組み込んだ余裕のあるスケジュールを立てておくのもおすすめです。
スケジュールに追われるストレスが減るので、仕事に集中しやすくなります。

3.オフィスの環境を整える

仕事がうまくいかない原因がオフィス環境にある場合、整理整頓をしたり、集中できるスペースを確保したり、
冷暖房の温度を調節するなどして、少しでも仕事がしやすい環境に整えることも、解決策の一つになります。

4.積極的に体を動かす

仕事に行き詰まったら、一度デスクから離れて会社の近くを散歩してみるのもおすすめです。
積極的に体を動かすことで、気分がリフレッシュして頭の中が整理されます。

5.上司や同僚に相談してみる

仕事がうまくいかないと、自分ひとりで問題を抱え込んでしまいがちですが、上司や同僚に相談することで、早く悩みが解決するかもしれません。
的確なアドバイスをもらえることで仕事の効率も上がります。

6.仕事をする意味や目標を見直す

仕事がうまくいかないときは、目先の作業に追われて「何のために仕事をしているのか」を見失いがちです。
一度「なぜ自分はこの仕事を選んだのか」と振り返ることで、仕事へのモチベーションを保つことができます。

7.周囲の人に気を配る

人間関係のトラブルは、すぐに解決できるものではありませんが、原因の一つにコミュニケーション不足があるかもしれません。
「自分から挨拶する」という小さなことでも、毎日積み重ねることで、円滑なコミュニケーションに役立ちます。

8.「慣れれば大丈夫」と考える

仕事ができるかどうかは、「努力や才能」もありますが、「慣れや経験」による部分も大きいものです。
経験不足を痛感して努力することは大切ですが、できない自分を責める必要はありません。「慣れれば大丈夫」と考えて、続けることを目標にしてみましょう。

9.完璧主義はやめる

仕事がうまくいかないときの「焦りや苛立ち」は、完璧な仕上がりにこだわる人ほど強くなりがちです。
できなかった部分ではなく、できた部分に目を向けて評価する習慣をつけることで、ストレスが軽減されます。

10.自己評価はしない

仕事がうまくいかないときは、できない自分を責めてしまいがちですが、主観と客観的評価は違うことが多いでしょう。
仕事の評価は上司や会社が決めることなので、自己評価にとらわれる必要はありません。

仕事がうまくいかないときは行動や考え方を変えてみよう

仕事がうまくいかないときには、何らかの原因があります。まずは、原因を見つけることから始めてみましょう。
原因を見つけることが出来たら、意識して行動や考え方を変え、解決していくことが大切です。


会員登録