2019年09月13日

仕事のミスを減らして信頼される社員を目指す!今すぐできる対処法

キャリドア編集部

2019年09月13日

仕事中に起こしてしまったミスをなかったことにすることはできません。けれども、ミスの原因を分析して仕事のやり方を変えることで、同じミスを繰り返さない工夫をすることはできます。ミスを減らすための対処法についてまとめました。

仕事でミスが多い人にありがちな問題点

仕事でミスが多い人にありがちな問題点

目次

誰でも、仕事中に「ミスをしてしまった!」と焦った経験をお持ちでしょう。しかし、それがあまりにも高頻度であったり、同じミスを繰り返したりするようでは、社会人としての信頼を失いかねません。

起こしてしまったミスをなかったことにすることはできませんが、原因を分析して仕事のやり方を変えることで、同じミスを繰り返さない工夫をすることはできます。ミスを減らす対処法についてご紹介します。

仕事でミスが多い人にありがちな問題点

ミスを多発して仕事の効率が落ちている人や、周囲に迷惑をかける頻度が高い人は、仕事のやり方や状況に問題が潜んでいる可能性があります。次のようなケースに心当たりがないか、確認してみましょう。

仕事でミスが多い人にありがちな問題点:
1. 思い込みが激しい

一度「◯◯だ」と思い込んだ後に、違いを認められないタイプは仕事でミスが多い傾向にあります。仕事は、いくつかの過程を経て行われるものですから、誤った認識を持ってしまったとしても、途中で間違いに気付くことができれば、ミスを事前に防ぐことができるでしょう。
ところが、いつまでも思い込みに支配されてしまっていると、間違いに気付けないまま業務を進めてしまい、大きなミスに発展してしまうかもしれません。自分が思っていた状況と実際の状況が違うといった経験が多い人は「思い込みが激しいタイプ」ではないか、親しい人に尋ねたり、自己分析をしてみたりすることをおすすめします。

2. 忙しい

限られた時間の中で多くの業務をこなしていると、仕事の正確性が後回しになり、スピード重視で仕事を行ってしまいがちです。決められた期限内に仕事を終わらせることは大切ですが、急ぐあまりにミスをしてしまうと、かえって多くの時間が必要になってしまうこともあります。
また、忙しい状況が続いていると、疲労も蓄積して作業効率や正確性はさらに低下してしまうでしょう。

3. 周囲とのコミュニケーションが不足している

個人で作業をする仕事以外にも、周囲のチームメンバーやクライアントとやりとりをしながら仕事を進めていくこともあるでしょう。人と接することが苦手で、わからないことを質問できないまま業務を進めてしまう人は注意が必要です。
人に説明することに慣れていないと自分の考えが伝わらず、何でも自分でやってしまいたくなりますが、ミスがあっても最後まで気付けない可能性も高くなります。

4. 仕事の全体像を意識しながら働いていない

自分の仕事が業務の全体の一部分だけであったとしても、全体の流れを理解していないと、問題が起こる可能性があります。
「自分の仕事が全体の中でどのような役割を果たしているのか」「何のためにこの仕事をしているのか」を意識できていないと、イレギュラーな事態が起こったときに適切な対応がとりにくくなるでしょう。
定型的な業務であっても、全体を意識して働くことができるかどうかによって、ミスが多い社員になってしまうか、気の利く社員になれるか変わってくることもあるのです。

5. いくつもの仕事を同時に行っている

仕事を並行して行うマルチタスクは、効率を下げてしまいやすいです。とはいえ、仕事中に電話がかかってきたり、ほかの人から急ぎの書類が回ってきたりと、ひとつの仕事に集中することが難しいという人もいるでしょう。
そういうときでも、仕事をなるべく順にこなしていけるように調整していくことが大切です。いくつもの仕事を並行して行おうとすると、何をしているのかがわかりにくくなり、ミスを誘発してしまいます。

ミスをしてしまったときの対処法

ミスが起こってしまったときの対処の仕方によって、そのミスが大きな問題に発展するかどうかが決まる場合も少なくありません。ミスをしてしまったときは、「慌てず冷静に」必要な対処をするようにしましょう。ミスをしてしまったときに心掛けたい対処法を、4つのステップに分けてご紹介します。

ミスをしてしまったときの対処法:
1. 報告

ミスをしてしまったら、事実をすぐに周囲と共有し、上司に報告しましょう。
決して隠してはいけません。ミスを隠すことによって、後々大きな問題になることもありえます。「言うタイミングが難しくて…」と迷うより前に、まずは報告をするようにしてください。

2. 謝罪

クライアントや協力会社など、外部に対するミスがあったときには、適切な方法で謝罪を行います。
謝罪をどのように行うかについても、自分一人で勝手に決めてしまわずに上司と相談しましょう。

3. 再発防止策について考える

クライアントや協力会社など、外部に対するミスがあったときには、適切な方法で謝罪を行います。
謝罪をどのように行うかについても、自分一人で勝手に決めてしまわずに上司と相談しましょう。

4. 気持ちを切り替える

ミスをしても全く落ち込まないというのも問題ですが、いつまでも落ち込んでいて、気持ちの切り替えができないことも問題です。早期解決のためにも、気持ちを切り替えて、前向きに業務に取り組んでいくことがおすすめです。

ミスを減らすために今すぐできること

ミスを繰り返していると、「また間違っているかもしれない…」という目で周囲から見られてしまうこともあるでしょう。信頼される社員を目指すために、ミスをできるだけ減らす努力をすることが大切です。
今すぐに実践できる、ミスを減らすためのポイントをご紹介します。
ミスを減らすために今すぐできること

ミスを減らすために今すぐできること:
1. メモを活用する

ミスをしても全く落ち込まないというのも問題ですが、いつまでも落ち込んでいて、気持ちの切り替えができないことも問題です。早期解決のためにも、気持ちを切り替えて、前向きに業務に取り組んでいくことがおすすめです。

2. 仕事の仕方を見直す

ミスを起こしやすい人は、仕事のやり方に問題がある可能性があります。手順が毎回違っていて、場当たり的に業務をこなしていると、抜け漏れが起こる可能性も高くなるでしょう。そうならないためには、どのように仕事を進めればよいのかを考えてみることが効果的です。
特にミスが起こりやすいことについては、ダブルチェックを行える体制を作ることが大切です。最初からミスをゼロにすることはできなくても、致命的な問題につながるよりも前に気付くことができれば、修正することができるでしょう。
チェックは、自分自身で行う方法と、周囲の人に依頼する方法の2つがあります。自分のチェックではどうしてもミスが防げないというときは、周囲の人にチェックをお願いすることで、より正確性を高められます。

3. 疲労を溜めない

心身の疲労は仕事のミスにつながります。ついつい夜更かしをしてしまうという人は、就寝時間を決めてその時間にベッドに入ることを心掛けてみましょう。
また、休みの日でも仕事のことを考えてしまう人は、気持ちに余裕がなくなっているかもしれません。旅行をしたり、仕事とは関係のない友人と会ったりして、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

4. 仲間とコミュニケーションをとる

周囲の仲間と適切なコミュニケーションがとれていれば、「大丈夫かな?」と不安を感じたときにも相談しやすいでしょう。無理にプライベートで会ったり、必要以上に親しくしたりする必要はありませんが、ある程度の関係性を築いておくことは大切です。
周囲とあまり良い関係を築けていないという人は、まず、出勤時と退勤時に気持ち良く挨拶をすることから始めてみてはいかがでしょうか。笑顔で挨拶をされて気分を害する人はいないでしょう。社内の雰囲気も明るくなりますし、働きやすさという点でもメリットがあります。

5. 机周りを整理整頓する

散らかった環境で仕事をしていると、目の前の業務に集中できません。また、必要な物を探す時間も集中力を妨げる原因になります。机に書類が山積みになっている人や、不要な書類を置きっぱなしにしている人は、この機会にデスクの整理整頓をしてみてはいかがでしょうか。

仕事のミスは仕事で挽回する

仕事でミスをしてしまったときにどのような対処をするのかによって、周囲からの評価は大きく変わります。ミスを隠し立てして人のせいにしたり、言い訳を繰り返したりする人に対して、好感を抱く人はいません。
誠実な対応をして、今後のミスをなくす努力をする人に対しては、周りも手を差し伸べてくれるはずです。
仕事のミスを悔やみ続けるのではなく、ミスを挽回できるように前向きに努力していくことをおすすめします。
適職診断