2020年02月13日

知っておきたい仕事のオーバーワークの原因と対処法

キャリドア編集部

2020年02月13日

オーバーワークが続くと仕事の効率が下がってしまうだけでなく、心と体に負担がかかり取り返しのつかない事態になりかねません。オーバーワークの原因と対処法について、今の状況と照らし合わせて改善を試みてください。

オーバーワーク

目次
日本では過労死が問題視されているように、オーバーワークが続くと仕事の効率が下がってしまうだけでなく、心と体に負担がかかり、取り返しのつかない事態になりかねません。
「最近働きすぎている」「仕事が増えるばかりで、休めていない」と感じている人は、一度現状を見直したほうがいいかもしれません。
ここでは、オーバーワークの原因と対処法について解説します。現状と照らし合わせて、改善するための参考にしてみてください。

オーバーワークとは?

オーバーワークとは、「働きすぎ」状態のことを指します。
仕事量に対して従業員数が少なすぎる企業や、社員を酷使することを是とするいわゆるブラック企業に多く見られる現象です。
残業や休日出勤が常態化し、長時間労働でプライベートの時間を十分に確保できていない場合はオーバーワークと考えていいでしょう。

オーバーワークの症状例

慢性的にオーバーワークの状態が続くと、ストレスと過労により、心身に何らかの症状が現れる可能性があります。
例えば、慢性的な疲労感や睡眠不足、不眠といった症状は代表的なものです。
また、頭痛や腹痛など体の不調に現れたり、集中力の欠如、気分が落ち込んだりするケースもあります。
現れる症状は人それぞれのため、一概に断定することはできませんが、いつもと違う不調を感じる場合は早めに病院へ行ったり、働き方を見直したりする必要があります。

オーバーワークの原因

オーバーワークは何が原因で生じてしまうのでしょうか。
個人のスキルや企業の環境によって原因はさまざまですので、自身の状況と照らし合わせながら考えてみてください。

1 仕事の抱えすぎ

仕事がたくさんあるということは、企業にとって望ましいことではありますが、社員一人ひとりに負担がかかりすぎている状態は適切だとはいえません。
上司や先輩に続けて仕事をふられたり、営業で自身が受注した仕事が多くなりすぎたりしたら、オーバーワークだといえます。
また、どれだけ効率的に進めようとしても仕事が終わらない場合は、仕事を抱えすぎている状態だといえるでしょう。

2 スケジュール管理が不十分

仕事の優先順位付けができておらず、スケジュール管理が不十分になると、オーバーワークに陥ってしまいやすくなります。
これは、基本的に自身に問題があるため、努力次第で改善することができるでしょう。
若手社員など、雑用的な細かい仕事が多く振られやすいものです。
すべての仕事を同列に考えて行動すると、何から手をつけていいのかわからなくなり、頭もパンクしてしまいます。
簡単に済ませられる仕事があるのであれば、先に終わらせてもいいですし、後回しにできるものは重要な案件が落ち着いてから手をつけても構いません。
何を優先すべきかを常に考えて、毎日スケジューリングしていきましょう。

3 関係者との連携不足

仕事は、人と関わって進めていくものが多いです。
そのため、担当者や関係部署との連携がうまくいっていないと、仕事を効率的に進めることができず、オーバーワークになってしまいます。
毎回、締切り直前に依頼が来たり、共有される内容が不十分であったりして、負担が無駄にかかっているのであれば、スムーズに仕事を進めるためのルールづくりをしてもいいかもしれません。

4 職場が残業を前提にしている

そもそも、企業が残業を良しとする社風だと、慢性的にオーバーワークに陥りやすくなります。
残業することが当たり前になっている企業では、朝早くから夜遅くまで働かざるをえないような、残業を前提とした仕事を割り振られやすくなってしまいます。

オーバーワークの対処法

オーバーワークに陥っている原因が判明したら、何か対策を打ちましょう。
いくつか対処法を紹介しますので、自分に合った方法を試してみてください。

1 自分のキャパシティを把握する

オーバーワークを防ぐためには、何よりも自分のキャパシティを把握することが重要になります。
これ以上の仕事を抱えると心身に負担がかかるというラインを把握することで、業務量を調整したり休みをとったりするなど、対策を打ちやすくなります。
また、依頼された仕事を漠然と抱えるのではなく、リストにして見える化することで、自分の状況を理解しやすくなります。
翌日以降に手をつけても問題ない仕事は後回しにするなど、優先度を細かくつけていきましょう。

2 仕事を断る勇気を持つ

すべての仕事を引き受けていると、キャパシティを超えてしまい体が持ちません。
時には仕事を断ったり、仕事量を調整するように、上司に相談したりする勇気を持つことも大切です。
必ずしも意見が通るとは限りませんが、ある程度考慮してもらえるようになる可能性はあります。
ただし、自分のキャパシティを低く見積もりすぎて、何度も仕事を断っていると、評価が下がってしまうリスクがあります。
あくまで、「オーバーワークを防ぐため」という前提を忘れないようにしましょう。

3 仕事を効率化し勤務時間を短くする

スケジュール管理がおろそかであったり、スキル不足によってオーバーワークになっている場合は、仕事を効率化することが先決です。
やるべきことの優先順位付けをしっかりと行い、適切なスケジュールで仕事を進めていきましょう。
先輩に仕事のやり方を相談したり、独学でスキルを身に付けたりして、自身の能力を底上げすることも有効です。
その努力は、上司から評価されることにもつながるので、メリットも大きいです。
仕事を効率化できれば、残業時間が減り勤務時間を今までよりも短くできるはずです。
プライベートを充実させて、心や体をリフレッシュさせましょう。

4 睡眠時間を増やす

寝不足は集中力の低下や気分の落ち込みを招きます。
休日にはたっぷりと睡眠をとり、平日にも仕事を効率的に終わらせて、できる限り睡眠時間を確保するようにしましょう。
そうすることで心身を休ませることができ、冷静に仕事をこなしていけるようになるはずです。

5 転職を検討する

企業が残業を推奨する風土である場合など、自身では改善できそうもない状況であれば、転職を検討するのも一つの方法です。
しかし、オーバーワークが続くと心身ともに限界となり、冷静な判断がしづらくなってしまう状況かもしれませんが、転職はじっくり冷静に取り組む必要があります。
勢いで会社を辞めて転職するというのも、良くありません。
企業研究が不十分であれば、転職先でも同じような状況に陥ってしまうリスクがあります。
仕事が忙しく転職活動をする時間が取れないという場合は、転職エージェントの利用をおすすめします。
キャリアアドバイザーがあなたにぴったりの求人を提案し、選考対策などにもいっしょに取り組むことができます。

オーバーワークには早めの対策を

オーバーワークの状態を放置してしまうと、最悪の場合、心や体が病気になってしまう可能性があります。
また、昨今話題となっている、過労死の危険性も否めません。
今回ご紹介した原因と対処法を参考に、早めに対策を打つようにしてください。

転職を検討される場合は、ぜひパソナキャリアにご相談ください。
取引企業数は16,000社を超え、転職後の年収アップ率は67.1%を誇ります。
25万人の転職支援の実績を基に、一人ひとりに寄り添ったきめ細かなキャリアカウンセリングを行います。
転職サポートにも力を入れていますので、お気軽にご相談ください。
転職相談申し込み