2019年12月02日

女性のキャリアプランとは?描いたキャリアを実現するために

キャリドア編集部

2019年12月02日

女性の社会進出が進んでいる現代においても、女性がキャリアプランを思うように実現していくことは簡単ではありません。 女性がキャリアプランを描く際に知っておきたいこと、キャリアプランを実現させるために知っておきたいことについて紹介します。

女性にとってのキャリアプランをどう描くか

目次


女性の社会進出が進んでいる現代においても、女性がキャリアプランを思うように実現していくことは簡単ではありません。
女性がキャリアを継続させ、思い描いたビジョンを実現させるためには「プライベートとキャリア」についてあらかじめ考えておく必要があります。
女性がキャリアプランを描く際に知っておきたいこと、そしてキャリアプランを実現させるために知っておきたいことについて紹介します。

女性にとってのキャリアプランをどう描くか

社会全体における男女平等の意識が高まり、女性の活躍を積極的に後押ししている企業も増えてきています。
しかし、男性と女性の間には「妊娠」「出産」という、ライフイベントの違いが存在しています。
もちろん、妊娠や出産は女性一人が考えることではなく、パートナーである男性も「自分事」として考える必要のあるライフイベントです。
しかし、実際に妊娠、出産するのは女性である以上、男女のライフイベントが同じであるということにはできません。
また、「女性は家庭を守って子育てをする」という昔ながらの考え方も、いまだ残っているといえるでしょう。

こうしたことから、女性は結婚や出産によって、否応なく働き方を変えなければいけない可能性が高くなります。
パートナーの希望、自身の希望、出産・育児との両立、労働環境など、さまざまな要因から退職を選ぶ人もいれば、働き続ける人もいます。

キャリアプランは、あくまでもキャリアについての計画ですから、結婚や出産といったライフプランとは少し異なります。
しかし、いつ結婚や出産をするかによって働き方が変わる以上、この2つを完全に切り離して考えることはできません。
「◯年後には、プロジェクトを任せられるリーダーになる」といったキャリアプランを描いていたとしても、そのときに出産が重なり、産休や育休を取ることになる可能性もあります。
復帰後も、時短勤務になることで、プロジェクトリーダーとして十分に働くことができず、結局思ったとおりのキャリアが築けないということは、十分にありえることなのです。

詳細なキャリアプランを立てることが困難でも、最終的にどのようなビジョンを目指すのかというゴールを定めることはできます。
目標さえはっきりしていれば、そこに到達するまでの道筋が、当初の想定と違っていても、キャリア形成の大きな障害にはなりません。

女性がキャリアプランを考えるときは、まず最終目標を設定して、あとは予測の立てやすい短期的なプランを組み合わせていくことで、将来像を明確にさせることができるでしょう。

出産・育児をしても、女性のキャリアを継続するための行動

出産や育児を経ても、キャリアを継続していけるかどうかは、自身だけでなく、パートナーや就業先がどのような考え方を持っているのかによっても左右されます。
キャリアを継続させるための行動をいくつかご紹介します。

スキルを高め、キャリアを維持することを意識する

女性がキャリアを継続するためには、自身のスキルを高めていくことを意識して仕事をすることが大切です。
ほかの会社でも通用する仕事ができているか、スキルアップできているかを考えてみましょう。
業務が全くキャリア形成に役立っていないと感じられる場合は、仕事内容を見直す必要があるかもしれません。

パートナーに当事者意識を持たせる

結婚前から、自身のキャリアプランについてパートナーと話し合いをする時間を持ちましょう。
結婚してから、「男も家事をするなんて思っていなかった」「育児は無理のない範囲で手伝えばいい」という考えの持ち主だったことが判明すると、家庭不和の原因にもなりかねません。
お互いのライフプランやキャリアプランをどう考えているのかを話し合って、常に同じ方向を向いて、人生を歩んでいけるようにしておくことが大切です。

女性が活躍しやすい企業に就職する

女性が活躍しやすい環境かどうかは、キャリアプランの実現に大きく影響します。
勤めている企業が、女性の活躍に積極的でないという可能性もあるでしょう。まずは状況を変えることができないか、上司や同僚に相談してみましょう。

とはいえ、中には努力の余地もない会社もありますし、努力をしても変わらなかったということもあるでしょう。
そういうときは、企業で実際に働いている人のクチコミなどを参考に、女性が活躍しやすい職場への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

キャリドアでは、クチコミのカテゴリに「女性の働きやすさ」という項目を設けています。ここをチェックすると、女性が働きやすい職場かどうかがわかります。

【クチコミ例】
“「役職に就く女性の割合は高く、メディアに取り上げられたこともある。勤務時間も柔軟であり、子供がいる人も働きやすい」”
“「元々女性が多い職場のせいか、女性の発言力が強い。育休、産休もすんなり取得できるし、時短勤務もかなり融通が利いているように感じている」”
※出典元:キャリドア

こういった企業は、女性が働きやすい環境にあると考えられます。
また、「ワークライフバランス」や「評価の適正感」のクチコミの中から女性のものをチェックすることで、プライベートとの両立のしやすさや、女性が適切な評価をされている企業なのかといったことも知ることができます。

女性のキャリアプランを実現させるためのプロフェッショナル集団

パソナキャリアは、長年女性の働き方に寄り添ったアドバイスの実績があります。
女性が活躍しやすい企業の紹介はもちろん、キャリアコンサルタントが、一人ひとりが思い描くキャリアプランを実現させるためにはどうすればいいのかといった、きめ細やかなアドバイスを行っております。キャリアに悩みを抱えている方は、お気軽にパソナキャリアにご相談ください。
転職相談申し込み